《ブラックバス釣り初心者》トップウォーターの使い方&オススメを教えて!

今回はトップウォータールアーの使い方や、特徴について説明します。トップウォーターでのブラックバス釣りは、バイトの瞬間を見ることができるので、スリリングでとても楽しいですよ♪

スポンサーリンク

《ブラックバス釣り初心者》トップウォーターの使い方&オススメを教えて!

トップウォーターとは、水面を攻めるルアーのことで、様々な種類があります。
・ペンシルベイト
・ポッパー
・スイッシャー
・ノイジー
などなど。トップウォーターは何と言っても 、バイトの瞬間に水を割るような豪快さがとても魅力的で、その魅力に取りつかれたトップウォーターファンが非常に多いです。

トップウォーターは、バスが水面を意識している時にとても有効なルアーです。梅雨の時期や、雨が降っている日は、湿度が高いので虫は低いところを飛ぶようになります。その虫を食べようと他の魚が水面近くに集まると、その集まった魚を狙って、ブラックバスも水面近くに集まります。この様な時こそ、トップウォーターの使い時です。
トップウォーターは状況によってオールシーズン使えますが特に効果があるのが、 春のスポーニング(産卵期)が終わって、バスの体力が回復した頃です。晩春から秋の朝方や、夕方の涼しい時間帯の方で、より多くバイトしてきます。私も朝方は必ずと言っていいほど、トップウォーターを使っています。
使い方としては、リールで扱うのではなく、竿で操作します。一度竿でビシッとルアーを引いてあげ、たるんだ糸を巻き取るような感じです。上手くなればルアーがきれいにドッグウォークします。

おすすめのトップゥーター

第1位:メガバス/ドッグX


昔からずっと使っているペンシルベイトです。細身のボディで きびきび動いてくれてます。

第2位:OSP/ヤマトJr.


このルアーで多くのデカバスを釣り上げてきました。ウエイトもあるのでキャストしやすいです。

第3位:ジャッカル/ポンパドールJr.


羽根つきルアーになります。ポンパドールのダウンサイズモデルでバイト力、アピール力が非常に高いです。

バス釣り初心者にとって、慣れない間はトップウォーターの操作は難しいですが、慣れればスムーズに動かせるものです。バスの水面でのバイトを見てしまったら必ず、トップウォーターの虜になるで しょう。

トップウォーターで、ブラックバスを釣ろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。