《遠矢ウキ》遠矢国利名人のチヌ釣り仕掛け

遠矢ウキでお馴染み、全国を股にかけて大型チヌを釣りまくる、遠矢国利名人の基本仕掛けを紹介します。

スポンサーリンク

《遠矢ウキ》遠矢国利名人のチヌ釣り仕掛け

遠矢国利名人、仕掛け、遠矢ウキ

仕掛けの特徴
2ヶ所のウキ止めは針側が実際のタナ、リール側が水深となります。2ヶ所のウキ止めのおかげで、サシエの流れ方のイメージがしやすくなります。
潮の流れや水深によって4Bのガン玉で、ウキの浮力調整を行います。
竿は、大型チヌを想定しているので、固めの1号程度を使用することが多いようです。

注目アイテム!遠矢ウキ

遠矢国利名人の代名詞、遠矢ウキが必須アイテムです。遠矢ウキの超遠投小は1m近い大型ウキで、操作性と感度に優れています。ウキの下部がしっかりと潮を掴み、トップが小さなアタリを確実に知らせてくれます。
遠矢名人の狙う釣り場は水深10〜20m程度の深場、底狙いが基本となります。その理由は、「チヌは大型になるほど、深場の海底に潜む」と遠矢名人は考えているからです。
深場の大型チヌの微アタリ攻略に、遠矢ウキはその威力を発揮してくれます。

↓遠矢国利名人が、大型チヌを仕留めます!名人ならではの見事な腕前ですよ♪

大型チヌを釣ろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。