《ブラックバス釣り初心者》ペンシルベイトの使い方&オススメを教えて

今回はペンシルベイトの特徴や、使い方を説明させて頂きます。トップウォーターのルアーは、何と言ってもバスのバイトの瞬間が見えるので迫力のあるフィッシングができます。一度味わったらやみつきになるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

《ブラックバス釣り初心者》ペンシルベイトの使い方&オススメを教えて

琵琶湖

ペンシルベイトとは名前の通り棒の様な形をしたルアーです。メーカーによって形は違うのですが、基本的な形は棒状なので、ただ巻きではアクションはしません。しかし、ロッドを上手く使うことで、まるで水面を泳ぐ魚のようなアクションを演出することができます。
何よりも自分が動かしているルアーにバスがガボッとバイトした瞬間が見えるので迫力があって病み付きになります。これがペンシルベイトの醍醐味と言えるでしょう。

ドッグウォーク
ペンシルベイトで釣る最大のコツとしては、バスの活性が良い時に使うことです。梅雨時期から秋にかけて、バスは水面を意識しているのでペンシルベイトの出番になります。特にバスがベイトを追いかけている(ボイル)朝方や夕方などは、ベストな状態でしょう。
動かし方は、竿をピッと動かし、すぐにラインをたるませると、浮いたルアーの頭は左右どちらかに動きます。もう一度竿をピッとすると、反対側に動きます。リズム良く繰り返すと、頭を左右にふります。これをドッグウォークと言い、基本的なアクションになります。

使うときの注意点としては、ナイロンラインなどの水に沈まないラインを使う事です。フロロカーボンなどの水に沈むラインを使ってしまうと、上手くアクションができなくなってしまういます。

ペンシルベイトのオススメランキングベスト3

第1位:メガバス/ドッグX


細身のボディ。アクションすると、きびきびとした動きをしてくれます。

第2位:OSP/ヤマトJr.


なぜか、デカバス率が非常に高いルアーです。私も良く使っています。

第3位:ラッキークラフト/サミー


ペンシルベイトと言ったらこれです。使っている人も多く、サイズ的にも非常に使いやすいルアーです。

まずはバスの活性の良い日を狙って使ってみてください。最初はアクションさせる事が難しいかもしれませんが、慣れてしまえば簡単にアクションさせることができます。私も最初は、アクションさせるのがとても難しかったですが、今ではペンシルベイトの虜です。
トップウォーターでの釣りはとても楽しいので、皆さんもぜひ使ってみてください。

ペンシルベイトでブラックバスを釣ろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。