《堤防釣りの仕掛け》サーフで一発勝負、ルアーのヒラメ釣り

広大な砂浜をランガン、大型一発に賭けるサーフのヒラメ狙いは近年、愛好者が増加中です!サーフのヒラメ狙いの初心者に向けて、タックルを解説します。

スポンサーリンク

《堤防釣りの仕掛け》サーフで一発勝負、ルアーのヒラメ釣り

ヒラメタックル

時期 冬〜春
場所 砂浜、河口

サーフヒラメ

サーフのヒラメの釣り方
サーフ、つまり砂浜はヒラメの回遊ルートになります。砂浜に集まるベイトは浅い分だけ逃げ場が少ないので、ヒラメにとって絶好のエサ場となります。
狙う時間帯は早朝が基本。夜明け前から、竿出しするようにしましょう。

サーフでは、離岸流が好ポイントとなります。慣れれば一目で離岸流がわかりますが、離岸流のわからない初心者は、以下のことに注意して離岸流を探してください。

・白波が沖で崩れる場所
・投入したルアーが、沖へ流れる場所
・波打ち際の位置が他よりも、沖寄りの場所

オススメのヒラメルアーランキングベスト3

第1位:シマノ/熱砂ヒラメミノーⅢ


ワイドなフォブロールで、広範囲に光を拡散。派手で目立つ色を選ぼう。

第2位:アイマ/魚道


ヒラメ専用ルアー。重量級だから、広範囲を探りたい時に持っておきたい。

第3位:デュオ/ビーチウォーカーハウル


プラグで反応のない時は、ワームの出番です。ヒラメ専用に開発されたジグヘッド&ワームなので、飛距離と底取りはバッチリです。

サーフのヒラメ狙いへ行こう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。