アリゲーターガーがヤバイ!日本固有の在来魚を食い荒らす

日本古来の在来魚が、アリゲーターガーに食い荒らされる被害が深刻化しているらしい。
アリゲーターガーは、ワニのような口を持つ肉食魚で、最大で3m級まで大きくなることも…。

アリゲーターガー

日本では観賞魚として取引されているが、近年はかなりの数が放流されているようで、それが巨大化しているらしい。
各地のため池に多摩川、霞ヶ浦など、その勢力は年々広がりを見せており、環境省は遂に、特定外来生物い指定することを決めたとのことです。

釣りをしていて誤って落ちた日には、凶暴なアリゲーターガーがいるなんてことも!
バス釣り場に棲息する可能性があるので、注意をしましょう。

それで、色々調べていると…、やはりいました!

↑長い長編レポートですがとても面白いので、おヒマなときにでも読んでみてください!

↓怪魚と言えば、やはり小塚拓矢さんですね!

怪魚を釣ろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。