《ブラックバス釣り初心者》クランクベイトの使い方&オススメを教えて!

クランクベイトは大変使いやすく、オールシーズン通用するルアーです。
また、色々なタイプ、使い方があります。
初心者の方にはとてもオススメのルアーなので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

《ブラックバス釣り初心者》クランクベイトの使い方&オススメを教えて!

バス

クランクベイトはたくさんのメーカーから発売されていて、色やサイズの選択枠がとても多いです。そのため、選択幅が広い利点があります。また、クランクベイトは飛距離が出るので、広範囲を探るのに非常に適しています。

ほとんどのクランクベイトは、丸いボディに大きなリップが付いていています。

リップの役割

  • 障害物の回避
  • 障害物に当たった時のイレギュラーアクションで、リアクションバイトを狙える

リップの大きさでレンジが変わる 

  • シャロークランク(0~約1メートル)
  • ミドルクランク(約1~3メートル)
  • ディープクランク(3メートル以上)

クランクベイトの基本的な使い方は、ただ巻きが基本です。クランクベイトをただ巻きすると、潜りながらボディを左右に振り、巻くのを止めると浮きます。
クランクベイトの代表的なテクニックで、ボトムノックとストップアンドゴーがあります。

ボトムノック

クランクベイトを底まで潜らせて、底の障害物にコツコツと当てながら巻くやり方です。
底の障害物に当たった瞬間に横にヒラを打ちながらアクションします。ギラッとアクションしたルアーに、たまらずバスはリアクションバイトしてしまうのです。

ストップアンドゴー

巻いて止めてを繰り返すやり方です。 クランクベイトの場合は、潜って浮かんでの繰り返しになります。
夏場はストップアンドゴーが特に有効で、浮くルアーにバスが激しく反応してバイトすることが多いです。また、トゥイッチなどのアクションを交えて、バスがバイトする時間を与えることも非常に効果的です。

オススメのクランクベイト

第1位:OSP/ブリッツ


どんなスピードで巻いても、安定したアクションをしてくれます。スレているフィールドでもとにかく釣れます。

第2位:レイドジャパン/レベルクランク


動きが非常によく、子バスからデカバスまでとにかく釣れます。

第3位:ダイワ/ピーナッツ


価格が安く、とてもよく釣れます。みんなが知る鉄板クランクです。

クランクベイトは広範囲、幅広いレンジを探る事ができる万能なルアーです。 どんな季節でも使えるし、使い方も難しくないので、初心者の方は積極的に使いましょう!

バス釣りへ行こう
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。