2016年、初心者におすすめの鮎完全仕掛けベスト3

まず初めに、自分が入りたい河川の川相と釣り方に合った太さの仕掛けを選んで頂くという事を前提に、おすすめの完全仕掛けを紹介します。
ここで注意したいのが、販売されている仕掛けが巻いてあるスプールです。ほとんどのメーカーが、別売している仕掛け巻と相互性があるので、一度に色々なメーカーの完全仕掛けを購入すると、それぞれに仕掛け巻が必要になってしまうので、注意をしましょう。

スポンサーリンク

2016年、初心者におすすめの鮎完全仕掛けベスト3

第1位:ダイワ/メタコンポ3AS完全仕掛け


メタコンポ3は、割と比重の軽い複合メタルです。引き釣りも流れの緩やかなトロ場での泳がせ釣りにも臨機応変に対応できるので、ポイントを選びません。
フロロやナイロンに比べると値段は高いですが、ラインに傷が入らない限り、使用することができます。
※別売のダイワ(Daiwa) AS50NR カエスプール WHと相互性があります。

第2位:がまかつ/TG メタブリッドパーフェクト仕掛


同じく複合メタルラインの完全仕掛けで別売の仕掛け巻と相互性があります。トロ・瀬などオールマイティーに使えて、トラブルが少ない複合メタルです。
メタブリッドも軽比重のため、初心者の方にも場所を選ばずおすすめの商品です。

第3位:カツイチ・ハッキリ全長仕掛け


始めたばかりで、とにかく安価な仕掛けで構わないという方におすすめの完全仕掛けです。ハナカン、サカサには見やすいマーキングが施されています。水中糸は長めの4.8m、よほど短くならなければメタルと違って、現場での簡単な修理も可能です。

2016年、鮎釣りを始めませんか?
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。