《鮎釣り初心者の気になる初期投資》道具選びで妥協してはいけないポイント

鮎釣りを始めるにあたって、もっとも気になるのが初期投資額だと思います。
敷居が高く感じられてしまう鮎釣りですが、実際はイメージよりもずっと安く一式揃えることができます。
いざ始めてみれば、釣行費用はオトリ代ぐらい。
それで一日楽しめてしまうのですからぜひ挑戦してみてほしいと思います。

スポンサーリンク

《鮎釣り初心者の気になる初期投資》道具選びで妥協してはいけないポイント

とにかく安くしたい方

道具を一式準備する段階でとにかく安く揃えたい方の予算目安は、6万円前後です。
その予算の中で妥協せずに探してほしいのが竿です。
良いものを安く…と言いたいところですが、中古はあまりおすすめできません。
保障期限や少しのキズも破損に繋がりかねないからです。
その予算でおすすめの竿が、ダイワから発売されている初心者モデル、プライム鮎・早瀬抜85です。は定価で4万1千円ですが、実際の店頭価格はまだ安くなると思います。

プラス胴付ウェダー・舟・オトリ缶(エアポンプ)
・引舟・タモ・があれば鮎釣りをすることができます。
(一例)
●竿 3万5千円〜
●胴付ウェダー 6千円〜
●オトリ缶(エアポンプ含め)5千円〜
●引舟 5千円〜
●タモ 1千5百円〜

中級者まで使いたいコース

長く鮎釣りを続けていく上である程度道具のレベルアップを図れば予算も、もちろん上がります。実際、ウェアー類はアンダーやレイン等含めるか否かで金額が変わってしまうので、ここでは鮎ベストまでとしておきます。
ズバリ予算は20万円です。
竿は店頭売価で15万円クラスをおすすめします。
上半身から鮎ベスト、ベルト、タイツ、タビ、引舟、オトリ缶、タモ…と揃えるわけですが、重要なのはどのアイテムを長く使うかを決めることです。
実はタビ、タイツは消耗品です。
逆に竿やタモ舟などは破損しない限りは買い替えが不要なので、少し高額でも良い商品を選ぶ事をおすすめします。
(一例)
●竿 15万円前後
●ベスト 1万円
●ベルト 3千円
●タイツ 5千円
●タビ 5千円
●引舟 8千円
●オトリ缶 1万円
●タモ 1万5千円

いかがでしたか?鮎釣りの道具を安く揃える秘策は、秋から冬のセールにまとめ買いをすることです。翌年の開幕まで時間が空くのが残念ですがだからこそ、安く道具を揃えることができるのです。最新のデザインにこだわらないのであれば、この方法で道具を揃えてみては?

鮎釣りを始めよう
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。