【春の河口湖攻略 陸っぱり編】オススメポイントと釣り方、春のルアーベスト3

河口湖での春の陸っパリ攻略ルアー、オススメのポイントを紹介します。
何度も河口湖に通っている私が、実際に使用して、一番釣果が良いものだけを紹介しますね!

スポンサーリンク

【春の河口湖攻略 陸っぱり編】オススメポイントと釣り方、春のルアーベスト3

河口湖は超メジャーなトーナメントレイクとしていつも多くの釣り人で賑わっています。
とても大きい河口湖は釣るポイントもとても多く、初めての方は迷ってしまうと思います。

春に陸っパリでバスを狙う場合、ロイヤルワンドは多くのストラクチャーがあることと、バスの放流頻度が多いことからオススメのポイントになります。着いたらまず初めに入るポイントとしてオススメです。
冬から春にかけては、ワンドの右側の畳岩と呼ばれるポイントが非常にオススメポイントです。スロープ付近には排水する場所もあります。また、ワンド全体が溶岩帯で覆われていて、複雑な地形変化を形成しているのです。なので、水深の変化が非常に激しく、所々湧水もでているので、バスにとっては住みやすいのでストック量も豊富と言えるでしょう。この場所は放流頻度も多く、バスのストック量も豊富なので季節を問わず、釣り人が多くいます。しかし、いくらバスのストック量が多いからと言っても、釣り人が多いので、プレッシャーもそこそこ高くなってしまっています。他の人がしていないような工夫をすると、入れ食い状態になったりもしますので、色々試してみてください。釣り方のポイントとしては、投げる位置、レンジ、速度などを小まめに変えながら探っていってもらうと、釣果に繋がるでしょう。

春の河口湖オススメルアー

第1位:OSP/ハイピッチャー

他と比べて値段も安く、良く釣れるスピナーベイトです。河口湖では使用している人も非常に多いです。

第2位:イマカツ/モグラモスチャター

根掛かりしにくく、ちどりアクションでバスに激しくアピールできます。ただ巻きで良く釣れます。

第3位:ダイワ/ピーナッツ

知る人も非常に多い良く釣れるクランクベイトです。河口湖だけではなく色々なフィールドでも良く釣れます。

河口湖は非常に大きい湖です。初めての方は、まずは今回紹介したポイントを攻めてみてください。陸っパリでの釣りは攻めることができるエリアが限られるので、飛距離のでるルアーで、色々なポイント、レンジを探ってみてください。少しの地形の変化でバスの居場所はかわってくるので、ツボにはまると入れ食い状態になるでしょう。

河口湖こう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。