【秋の河口湖攻略 陸っぱり編】オススメポイントと釣り方、秋のおすすめルアーベスト3

秋の河口湖はまだまだバスにとっても適水温であり、冬に向けて荒食いする時期でもあります。
秋の河口湖はバス自体が、湖の様々な場所に散らばっているので、色々なルアーで幅広く探る必要があります。
今回はそんな秋の河口湖攻略法を、紹介します。

スポンサーリンク

【秋の河口湖攻略 陸っぱり編】オススメポイントと釣り方、秋のおすすめルアーベスト3

まず初めにルアーのチョイスですが、陸っパリから攻める場合、フィールドの色々な場所に散らばっているバスに、アピール出来るルアーをチョイスします。
スピナーベイトクランクベイト、この2つのルアーは秋の陸っパリをするアングラーにはとてもオススメです。
河口湖ではモロコ、オイカワ、ハゼ、ワカサギなどのベイトフィッシュが多くいるのですが、この2つのルアーはこれらのベイトフィッシュに非常にマッチするのです。
スピナーベイトに関してはブレードの大きさやカラー、ウエイトの調整などを細かく調整することで、釣果の差が大きく出ます。
クランクベイトも様々な水深のタイプを揃えておくと、とても役立ちます。
その日のバスの浮き具合や気圧に合わせて、潜る水深を変えてみたり、バスの活性や、時間帯、日の具合などでカラーチェンジしたりしてみるのも良いでしょう。
これらのルアーは、実際に私が使用してみてもやはり釣果は良かったですし、河口湖でバス釣りをしている多くの方もオススメしています。

さて、秋の河口湖のオススメポイントは小海(寺下)です。
このポイントは放流ポイントであること、ウィ ードと岩が複雑に入り組んでいて地形の変化が非常に激しい場所なので、バスがそのまま居着く傾向があります。。
私も秋にこのポイントで、クランクベイトで爆釣したことがあります。

秋の河口湖、おすすめルアーベスト3

第1位:メガバス/グリフォン

釣れすぎてしまうほどの能力を秘めたクランクベイトです。 初心者の方でも使いやすいです。

第2位:エバーグリーン/コンバットクランク

こちらも知っている人が多いと思いますが、非常に良く釣れます。

第3位:エバーグリーン/ワイルドハンチ

河口湖だけではなく安定した釣果を出してくれるルアーです。こればかりを投げている方も非常に多くいます。

秋はベイトもバスも色々な場所に散らばっています。
一ヵ所で粘ることも悪くはないのですが、テンポ良く様々な場所を探っていくと、今以上の釣果に期待できるでしょう。
ルアーチェンジやカラーチェンジなども、河口湖のバスには非常に効果的なので、色々な方法を試してみてください。

河口湖へ行こう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。