【冬の河口湖攻略 陸っぱり編】オススメポイントと釣り方、冬のおすすめルアーベスト3

水がとても冷たくなる冬は、バスの活性が下がってしまっています。
そんな冬に動くバスは、デカイと相場は決まっています!
河口湖には数多くのデカバスが潜んでいます。
真冬の河口湖のバス狙いについて、アドバイスをしますよ〜♪

スポンサーリンク

【冬の河口湖攻略 陸っぱり編】オススメポイントと釣り方、冬のおすすめルアーベスト3

真冬の河口湖は非常に寒く、最低水温は4℃近くになり、湖の水面が凍ってしまうほどです。この時期のバスは完全に冬のパターンに変わってしまいます。
河口湖の冬のパターンとは、水温が最も安定しているディープエリア狙いになります。

河口湖の溶岩帯エリアは複雑な形状をしていて比較的水温が安定していることも重なって、ハゼなどのベイトがとても多いです。そのため、溶岩帯エリアに溜まったベイトを狙いに、バスがそちらへ回遊して来ます。

真冬はの河口湖のオススメポイントは、ロイヤルワンドとさかなやワンドです。この2つのフィールドは前述した通りの溶岩帯で覆われたフィールドで、冬の陸っパリでも多くの実績があります。使用するルアーは冬の定番、メタルバイブやジャークベイト等の、リアクション系がおすすめです。

それでダメなら、ポークルアーのダウンショットやラバージグを使ってみて下さい。

私は過去にこのポイントでのポークルアーのダウンショットで、デカバスを釣り上げています!冬のバスは速く動く事ができないので、ポークルアーやラバージグを使う場合、基本的にはボトムをモゾモゾと動くようなスローな釣りを心掛けるとより釣果に繋がるでしょう。

冬の河口湖、おすすめルアーベスト3

第1位:ジャッカル/スペードジグ

値段が安く、よく釣れます。着底した時の姿勢が非常によく、ちゃんとフッキングできるジグです。

第2位:ノリーズ/ダイラッカ

根掛かりが少なくフォール姿勢も非常に良いです。私の周りでは使用している人がとても多く、よく釣れています。

第3位:ジャッカル/デラクー

ただ巻きでも、リアクションでの釣りでも、とにかく釣れます。一年中使えるルアーです。

冬の河口湖ではそう簡単にはバスを釣ることはできないですが、それでも元々の個体数がとても多いので、他の湖よりは断然釣れます。工夫を凝らして、デカバスをゲットしましょう!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。