春の乗っ込み、60cmオーバーのチヌを釣るための場所選びのコツとは?

春のチヌ狙いは、自己記録更新のチャンスです!今回は、春のフカセの大型チヌ狙い、夢の60cmオーバーを釣るためのポイント選びについて、解説を行います。

スポンサーリンク

春の乗っ込み、60cmオーバーのチヌを釣るための場所選びのコツとは?

60cm超の大型チヌ狙いの場所選びの一番の鉄則は、実績のある場所での竿出しです。過去10年以内に、60cmオーバーが出ている場所は、絶対に外してはいけません!

DSCF9787

大型チヌ、特に60cmオーバーは、同じ場所で出る確率が非常に高いです。その理由は恐らく、潮の流れや地形が大型チヌ好みの場所であることが推測されます。
大型チヌの好む場所の特徴はエサが多く、自然物や人工物を含めて、地形が入り組んでいるところです。
そういった場所は、魚にとっての超A級物件、つまりその海域でも最も強いでかいチヌが棲息するのです。

エサはたっぷり!

エサはたっぷり!

次に考えたいのが、デカチヌの実績のある場所の周辺海域です。
デカチヌの潜む場所は、一箇所に固まりますが、前述のA級ポイントをなぜか好まずに、その近くを根城にする個体もいます。
その場所を見極めるには、人的要因から考えてみるのがよいでしょう。

人的要因とは、工事などの人の手の加わり方です。
新しくできた堤防、岸壁には大型チヌが付く傾向があります。
海底掘削工事のあった場所も、海底が混ぜくり返されているので、虫エサが豊富なこともあります。
そういった場所は、狙ってみる価値がデカイです!

ここまで、場所選びについて解説しましたが、最期にアドバイスしたいのは棚設定です。なにはともあれ、底べったりを意識して狙うようにしましょう!

チヌ自己記録更新しよう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。