【夏の河口湖攻略 ボート編】ポイントと釣り方、おすすめルアーベスト3

夏は、たくさんのアングラーが河口湖に訪れます。夏はバスの活性が高くとても釣りやすいのですが、場所によっては人が多い分だけ、ハイプレッシャーになっていることもあります。そこで今回は、夏の河口湖、ボートでの攻略法をアドバイスします!

スポンサーリンク

【夏の河口湖攻略 ボート編】ポイントと釣り方、おすすめルアーベスト3

夏場の河口湖のバスは、スポーニングを終えて一段落したあと、水温上昇に伴って、とても活発にベイトを追い回すようになります。寒い時期にベイトとしていたモロコやワカサギよりも、より大きいサイズのオイカワ、ハス、ブルーギルを追い回すようになるのです。

また、この時期はハスやオイカワ等の産卵期にも重なるので水深が約50cm程度の砂利やゴロタのシャローエリアで、かなり激しくバシャッバシャッと、ベイトフィッシュが追いかけるのを見ることが出来るでしょう。当然のことながら、この様なエリアは非常に狙い目のポイントとなってくるのです。

あとは酸素濃度が高くなる、水の流れ込みや、シェードになっている場所を中心に狙うとよいでしょう。

具体的なポイントになると、河口湖大橋の下や、信号下、長浜などがおすすめです。

特に夏の長浜は、良質なウィードが豊富で、葦際に多くのバスが付いています。でボートで流しながら、ラバージグでのスキッピングで撃ち込むとよいでしょう。

最後に、河口湖大橋の下は遊覧船が通るので、特に安全を心がけましょう。

おすすめルアーベスト3

第1位:エバーグリーン/キャスティングジグ

フッキング性能がとても高く、デカバスのフッキングがよいです。

第2位:メガバス/ポップX

定番中の定番、夏場は特にオススメ!

第3位:ジャッカル/ポンパドール

トップでデカバスを釣りたい人には、是非使ってもらいたいです!

夏場はの狙い時は朝と夕方です。私が今回紹介させていただいたエリアでも、よくトップで楽しい釣りをさせてもらっているので、みなさんも是非ともトップで狙ってみて下さい。ダメであれば直ぐにルアーチェンジや葦際などをねらってみたりして下さい。このエリアでは陸っパリからでは狙うことのできないストラクチャーエリアが多くあるので、必ずや良い釣果が得られるでしょう。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。