【ベイト別バス必釣法、ザリガニやカニ】攻略法&おすすめルアーベスト3

ブラックバスはベイトを補食する際、栄養価の高いものを選んで補食すると言われています。中でも、カニやザリガニ等の甲殻類はバスにとって非常に栄養価の高いベイトです。

スポンサーリンク

【ベイト別バス必釣法、ザリガニやカニ】攻略法&おすすめルアーベスト3

71dg-KpNp9L._SL1500_

クロー系は、バスの食いがよし

ブラックバスは、ザリガニも好んで捕食します。
実際に飼育されているブラックバスにザリガニをあげている動画を見たのですが、ザリガニを水槽のなかに入れたとたんに、丸のみで補食していたのを今でも覚えています。

クロー(ザリガニ)系のワームはブラックバスの食いがよいことで人気があるので、多くのメーカーから様々な種類がリリースされています。
使い方はテキサスリグやノーシンカーを始め、ラバージグのトレーラーとしてなど、幅広い使われ方をしています。
また、季節問わずに効果があります。

ズル引き&ボトムパンピング

私のオススメの使い方は、ズルズルとボトムで引きずることです。
それで反応がない場合は、ボトムでピョンピョンと跳ねさせるボトムパンキングで誘ってみます。
ボトムパンキングでは、跳ねてからのフォール中にバイトしてくるパターンが非常に多いです。
フォール中は集中して、アタリを取りましょう。。

おすすめルアーベスト3

第1位:OSP/ドライブクローラー

言わずと知れた良く釣れるワームですね。
ルアーがフォールした時に、クローの爪部分がくるくるとアクションしてくれるのでアピール力は非常に高いです。

第2位:イマカツ/ダイナゴン

バックスライドするクローワームになります。シンプルなんですが良く釣れます。お店で見かけたら是非購入してみてください。

第3位:デプス/スパイニークロー

着低後にゆっくりとハサミの部分が倒れて行き、色々なクローワームの中でも爪部分のアピール力は抜群にいいです。

クローワームは色々な使い方ができるルアーです。
カバー攻略や川、野池、どんなフィールドでも活躍するでしょう。
私もオールシーズン使っているルアーで、数々のバスを釣り上げてきました。
これからバス釣りを始める人も、今まで使ったことがない人もこれを機会に是非使っていただきたいと思います。

ブラックバスるぞ!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。