【ベイト別バス必釣法、ハゼ】攻略法&おすすめルアーベスト

ハゼなどの小魚はバスにとって非常に補食しやすく、なくてはならない存在です。
バスが低活性の寒い冬は、主にハゼなどの小魚を補食して生活を送っています。

スポンサーリンク

【ベイト別バス必釣法、ハゼ】攻略法&おすすめルアーベスト

小魚を演出するネコリグが効く

バスが深いディープエリアにいるときは、主にハゼをベイトにしています。
そのため、各メーカーとも、ハゼ類に似たルアーの開発にかなり力を入れているのです。

ハゼを模したワームであればジグのトレーラーとして、使用することも可能ですし、単体で使用してもよいです。
アクションはボトムのズル引き、ボトムパンピングを織り交ぜながら狙うとよいでしょう。

意外に小魚を模した動きを演出できるのが、ネコリグです。
ボトム付近の岩周りでなどでエサをついばんでいる小魚を演出することができるので、ハマるとばっちりブラックバスががっつりバイトします。。
また、テールが着いているワームを使えば、巻きで釣ることも可能です。

おすすめルアーベスト3

第1位:ダイワ/ローガンゴビー

ハゼをモチーフにしたワームで尻尾のアクションが非常に生きたハゼにそっくりです。
スレたフィールドでは能力を発揮するワームです。

第2位:ジャッカル/スーパーJリーパー

182_main1

見た目がとても小魚に似ています。
柔らかいテールの動きでバスを誘う私の困ったら使う秘密ワームです。
サイズも色々と出ているのでオススメです。

第3位:ゲーリーヤマモト/レッグワーム

巻きでもボトム引きでも使える万能ワームです。
ダウンショットなどでも威力を発揮するので無敵に近いワームです。

今回紹介させていただいた物は私が使用して、釣果が非常に良かった物なので機会があったらみなさんも是非試してみてください。

ハゼはブラックバスの大好物??
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。