【ベイト別バス必釣法、フロッグ(カエル)】攻略法&おすすめルアーベスト3

今回はバスフィッシングで欠かすことのできないフロッグ(カエル)パターンでの釣り方などを説明します。
フロッグ・パターンで使うルアーは、夏場のカバー下、ウィード周辺で威力を発揮します

スポンサーリンク

【ベイト別バス必釣法、フロッグ(カエル)】攻略法&おすすめルアーベスト3

フロッグには大別して、三種類があります。

ダイビング系:水の抵抗を受けることにより、潜るルアー。

ポッパー系:ポッパーの様に、水面で音を立てながらアクションすることができる。

ダーター系:ルアーの口に水の抵抗を受けることにより、よってルアーが不規則なアクションをする。

そのため、購入の際には、パッケージを良く確認しましょう。

さて、フロッグを模したルアーは、カバーで使用することが多いです。
そのため、ヒットしたバスが藻に絡みながら上がってくることがあります。
実際の大きさ以上にバスが重くなるので、使用するタックルはベイトなどの力強いものを使用しましょう。

ここで、フロッグを使う際の重要なポイントを解説します。
フロッグはフックが、ルアーの中に隠れるように収納されているため、障害物に引っかかることのない利点があります。
しかし、その分だけ、バスがバイトした時のフッキング率が若干落ちます。
バスのフッキング率を上げるためにはまず、常にハリ先の鋭いフックを使用することが必須です。

次にアワセのやり方については、力強くバシッと決めるのではなく、グイッと引き寄せる様にアワセた方が決まりやすいです。

フロッグ系おすすめルアーベスト3

第1位:ジャッカル/ガヴァチョフロッグ

私自身が、もっともバスを釣っているフロッグです。
キビキビした元気なアクションが、とてもアピールします。

第2位:メガバス/ポニーガボット

見た目が凄くカッコいいです。
カバー回避能力が、特にに高いフロッグです。

第3位:レイドジャパン/スカッターフロッグ

お尻にプロペラが付いていて、リトリーブするとプロペラが回ります。
波動が凄く、アピール力が抜群に高いです。

フロッグルアーは普段攻めることができない場所を果敢に攻めることが出来るルアーです。
フロッグを使いこなせば、バスフィッシングがより楽しくなりますよ!

フロッグを使いこなして、バスを釣ろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。