【冬の河口湖攻略 ボート編】ポイントと釣り方、おすすめルアーベスト3

冬は気温が低い事からバスの活性も下がってしまって、釣り上げるのが難しい時期です。
今回は、厳しい冬の河口湖でも確実に、釣果に結び付くオススメポイント、オススメルアーを紹介します。

スポンサーリンク

【冬の河口湖攻略 ボート編】ポイントと釣り方、おすすめルアーベスト3

気温がとても低くなった時の河口湖は、水面が氷ってしまうほどの寒さです。
まずは、バスの居心地の良い場所(ベイトがいる、水温が暖かくなりやすい場所、ストラクチャー)を探すことが釣果の第一歩になります。

冬の釣果が期待できるポイントとしては、ロイヤルワンド等の底が溶岩帯で覆われている所のディープポイントが期待できるでしょう。
溶岩帯の地形は、温度が上がりやすく、ベイトも多い事から、多くのアングラーが狙っているポイントです。
実際にここのポイントは冬の時期でも、バスを肉眼で見ることが出来るほど、バスのストック量がかなり豊富です。

ボートで行く利点としては、これらのディープエリアを簡単に攻めることができることです。
これらのポイントで全く反応がない場合、すぐに違うディープエリアに移動する機動力があります。
それに加えて、陸っパリからよりディープエリアを探るには、ずば抜けた飛距離が必要になります。
しかし、ボートであれば飛距離がなくても少し沖に行けば、簡単にディープエリアを攻めることができるし、メタル系ルアーなどをすぐ下に落とし込み、リフトアンドフォール等のアクションも簡単にすることが可能です。

リアクションでの釣りは、冬の低活性のバスを釣るのには、欠かすことの出来ないアクションなので覚えておきましょう。

メタルジグもさることながら、最近は各メーカーから発売されているビックスプーンもオススメです。
リアクション能力が非常に高い上に、根掛かりも少ない特徴があります。
ビッグスプーンは実際にとてもよく釣れるので、私も愛用しています。

冬の河口湖をボートで攻略、 おすすめルアーベスト3

第1位:ジャッカル/キーバーン

基盤でできたメタルバイブです。
ウェイトの種類も多く、とにかく釣れます。

第2位:ノリーズ/ダイラッカ

dairakka

冬に使うスプーンと言えばこれでしょう。
根掛かりも少なく、アピール力も非常に高いです。

第3位:イマカツ/モグラモスチャター

ちどりチャターベイトです。
暴れ狂った様なアクションができ、釣れた時のデカバス率が、とても高いです。

溶岩帯エリアは私の周りのアングラーも実績が高いので、色々なレンジ、アクションを使って狙ってみてください!

真冬デカバスろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。