【バス釣り初心者】梅雨のバス釣り、雨対策のコツを教えて!

バスフィッシングを始めた頃、私はびしょびしょに濡れながら釣りをして、寒さのあまりテンションがだだ下がりで帰宅したのを今でも覚えています。
初心者の方がそのような思いをしないためにも、雨の日の装備はしっかりと揃えましょう。

スポンサーリンク

【バス釣り初心者】梅雨のバス釣り、雨対策のコツを教えて!

雨の日のバスフィッシングで一番必要な装備は、レインウェアーです。
釣り用のレインウェアーは数多く発売されていますが、すべてのレインウェアーが必ずしも持続して雨を防ぐことができません。

どんなレインウェアでも長い時間強い雨に打たれれば、次第に雨水が染みてしまうものです。

雨の日に長時間竿出しするのであれば、ウェアー用防水スプレーを使うと防水効果を高めることができます。

また、チョイスするレインウェアーの素材もとても重要です。
お値段が張りますがやはり、ゴアテックのレインウェアーは雨水が染みにくく、とても品質が高いです。

ちなみに、雨天時に私が使っているのは、ゴアテックスのレインウェアーと、胸の高さまでのハイウェーダーの組み合わせです。
長靴を履いての長時間の竿出しは、どうしても雨水が長靴の中に入ってしまって靴下がビショビショになります。
しかし、ウェダーを履いておけば、下半身が濡れることはまずありません。

上半身についてはレインウェアーのフードとキャップを組み合わせることで、首周りからの雨水の侵入をほぼ防ぐことが出来ます。
最近は、ウェーダー自体も非常にお値段リーズナブルで色々なデザインもあるので買いやすいと思います。
雨の日には非常に効果的なので是非試してみてください。

雨の日のバス釣り、オススメのウェアー

ダイワ パワーウェーダー

リーズナブルな価格な上に、ダイワのマークがとても格好いいです。
私も使っているお気に入りのウェーダーです。

ダイワ ゴアテックスウェーダー

値段は高めになってしまいますが、機能性、耐久性などはピカ一のウェーダーです。
予算に余裕のある方はこちらがよいかも?

シマノ ゴアテックレインキャップリミテッドプロ

雨の日には必ず、レインキャップを被りましょう。
シマノ党にオススメです。

リバレイ レインウェア

値段がとてもリーズナブル。
ウェーダーとキャップとの組み合わせで完璧です。
サブウェアとして持っておくのもよいです。

たまの休みが雨と重なっても、ストレスなくバス釣りに行けるように、雨具をしっかり揃えましょうね!

こそデカバスチャンスか?
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。