【ブラックバス釣り】あると便利なアイテムベスト5

バスフィッシングをより快適に楽しむには、効率化や利便性を高めるアイテムが必要です。
どんなアイテムがあるでのしょうか???

スポンサーリンク

【ブラックバス釣り】あると便利なアイテムベスト5

レインズ/ランディングネット

持ち運びにとても便利なサイズで、足場の悪い場所や高い場所からでも、バスをキャッチすることができるように、長く伸びる仕組みになっています。
また、ネット部分はハリが刺さらないように、ラバーコーティングネットを採用。
脱落防止のためにランヤード、カラビナも標準装備になっているので、とてもお得です。

偏光レンズ

バスフィッシングはもちろん、あらゆる釣りで欠かすことができないアイテム。
水中の中を視認したくても、太陽の光が水面から反射してとても見難いですが、偏光レンズを掛ければ、乱反射を抑えてくれるので水中が、驚くほどよく見えます。
偏光レンズの中でも特にオススメなのが、タレックス!
かなりお高いですが、高品質なとても優れたレンズです。
初めてのタレックスレンズは、トゥルービューがオススメです。

ダイワ/ルアーキャッチャー根掛かりルアー回収機

根掛かりは、ボトムを探るルアーの宿命。
ルアーキャッチャー根掛かりルアー回収機があれば、大事なルアーが根掛かりしても、回収できる可能性が大幅にアップします。
釣行費の節約にも繋がりますよ!

ダイワ/水温チェッカー

バスのコンディションを量る上で、とても重要な水温チェック。
その日のフィールドの水温がわかれば、バスへのアプローチがより確実になります。
水に触れずに測ることができるので、とても便利です。

プライヤー

バスからハリを外したり、ラインを切ったりするなど、たくさんの場面で活躍してくれます。
値段が安いものでも構いませんが、私的にはプライヤーの先端にスプリットリング外しがついているタイプをオススメします。

便利なアイテムを購入してバスフィッシングをより効率的に行うことで、釣果アップの可能性が大!
気になるアイテムがあれば、お財布とよく相談してから購入しましょうね(^ ^)

バス釣りへ行こう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。