【春の霞ヶ浦攻略】ブラックバスを釣るための場所選びとオススメルアー

関東屈指のメジャーフィールドの霞ヶ浦。
霞ヶ浦では、流れこむ河川でもバスを釣ることがができるのも大きな魅力です。
今回は、春の霞ヶ浦攻略について、アドバイスをします。

スポンサーリンク

【春の霞ヶ浦攻略】ブラックバスを釣るための場所選びとオススメルアー

霞ヶ浦で竿出しする際の基本は、バスの魚影の濃いポイントを探しだすことです。
最近はキャットフィッシュなど、バス以外のルアーで釣れる魚が増加傾向で、それに反してバスは減少傾向となっています。
そういったことから、年々場所による釣果の差が激しくなっていると感じています。

そこで、春の霞ヶ浦のポイントで真っ先に上がるのが、利根川です。
北利根川の階段がある場所や新利根川、牛堀テトラ、利根川に結び付く水路なんかもとてもよく釣れます。
そういった場所にある水門や水路、橋脚などは、特にバスが集まりやすいです。

次にオススメなの、与田浦と北利根川を結ぶ水路です。
ここでは私自身、たくさんのバスを釣り上げています。

春の霞ヶ浦での釣り方

春の霞ヶ浦のバス釣りは、一ヵ所で粘らないことが釣果アップに繋がりやすいです。
ちょっと投げてダメだったら、すぐにポイント移動をするようにしましょう。

ルアーアクションは、ストップ&ゴーが基本となります。
アクションでルアーを見せて、止めてバイトの間を作ることを意識したいです。

春の霞ヶ浦のおすすめルアー

ジャッカル/ダウズビドー

デュエル/ハードコアミノーフラット

デュエルのハードコアミノーは、製作者のホームグラウンドが霞ヶ浦と言うこともあって、ただ巻きでも十分に威力を発揮してくれる優れたルアーです。

霞ヶ浦はマッディーウォーターでなので、バスにルアーがよく見えるようにアピールを重視しましょう。
春の霞ヶ浦のブラックバスは、やる気の個体差が激しいので、常にやる気のあるブラックバスに食わせるつもりでアタックすることが、釣果アップの肝となります!

霞ヶ浦バス釣りしもう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。