【関東の人気ポイント荒川】春のブラックバス攻略法とは?

関東でバスフィッシングをする人ならば、必ずと言っていいほど足を運ぶのが荒川です。

バスのストック量が豊富なので、毎日たくさんのバスアングラーで賑わっています。

スポンサーリンク

【関東の人気ポイント荒川】春のブラックバス攻略法とは?

荒川の上流ではスモールマウスバスが多く、下流に行くほどラージマウスバスが多くなります。

また、荒川は東京湾に繋がっているので、下流の方ではバス狙いで、シーバスが釣れてしまうなんてこともあります。

秋ヶ瀬で狙ってみよう

さて、春といえば、バスのスポーニングの時期。

スポーニング初期には、ストラクチャー周りを攻めたいです。
そこで春の荒川でおすすめのポイントは、秋ヶ瀬です。

秋ヶ瀬は駐車場があり、足場がきれいに舗装されています。
そのため、おかっぱりアングラーはとても入りやすいポイントとして知られています。

また、目に見えるストラクチャー(ヘラ台、テトラ、堰)等が非常に多くあるので、様々なポイントを攻めることができます。

春の荒川でオススメのルアーランキング

私のこれまでの経験上、春の荒川でブラックバスがよく釣れるのは、サスペンドミノーです。

第1位:ジャッカル/ダウズビドー

春の荒川で、私にとって実績ナンバーワン!
カラーリングのラインアップも優れています。
特に私はゴーストアユカラー、マルハタゴーストチャートカラーでよく釣っています。
ストップ&ゴーのアクションだけで、ガンガン釣れますよ!

第2位:ティムコ/ジャーキンペッパー

トゥイッチやジャークのアクションでも、姿勢のよいスイミングをしてくれます。

第3位:メガバス/x80

春の荒川の定番ルアー。
とても高いアピール力で、バスをおびき寄せます。
春には必ず、タックルボックスの中に入れておきましょう。

バスのストック量の多い荒川は、春のスポーンの荒食いにハマれば、とにかく釣れまくります!
今回のアドバイスを参考に、春の荒川でデカバスをやっつけましょう!

春の荒川で、デカバスを釣ろう!
つりトップ 

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。