【夏の霞ヶ浦攻略】ブラックバスを釣るための場所選びとオススメルアー

夏と言えばブラックバスも人間も暑さにやられてしまう季節です。
しかし、夏のバスの行動パターンさえ把握しておけば、霞ヶ浦でバスを釣り上げることはとてもです。
それでは、夏の霞ヶ浦のブラックバス攻略について、解説をします。

スポンサーリンク

【夏の霞ヶ浦攻略】ブラックバスを釣るための場所選びとオススメルアー

夏の霞ヶ浦のおかっぱりは、橋脚や流入河川がメインになります。

夏場のバスは人間と同じく涼しい日陰や、酸素量の多い流れ込みに好んで棲息します。

霞ヶ浦は日陰(シェード)が非常に少ないので、流れこみをランガンするのが釣果に繋がりやすいです。

そのため、地図で事前に水門がある場所や、川の合流部分を調べておくとよいでしょう。

ちなみに、霞ヶ浦では浅い水路が意外に穴場です。
私は以前に、暑い日の北浦の水路で、ノーシンカーワームのドリフトで、1日に10匹以上も釣ったことがあります。

夏の霞ヶ浦、おすすめルアーランキング

第1位:ゲーリーヤマモト/ファットイカ

根掛かりの少ない、オフセットフック使用。
スカートのフワフワのアピール力が抜群です。

第2位:イマカツ/ダットカット

私はダットカットのノーシンカーで、爆発的に釣りまくったことがあります。
デカバス率が非常に高いです。

第3位:ゲーリーヤマモト/カットテール

どんなフィールドでも強いワームです。
色々なリグに対応しているので使い勝手がよいです。

流れ込み、シェード、橋脚、この3つのポイントを攻めること!
エリアも非常に広いので、地図で見ながら色々な場所をランガンしてみてください。

夏の霞ヶ浦で、ブラックバスを釣ろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。