【春の相模湖攻略】難易度高し、貴重な一匹をキャッチするには?

春の相模湖はフィッシングプレッシャーが非常に高く、とても難しいと言われています。
それでも春の相模湖がアングラーの間で人気がある理由は、難しいからこそ、釣り上げたいというアングラーの欲求があるからです。
それでは、春の相模湖攻略のアドバイスを送ります。

スポンサーリンク

【春の相模湖攻略】難易度高し、貴重な一匹をキャッチするには?

春の相模湖には早朝から夕方まで非常に多くの方が釣りに訪れます。
関東一の人気スポットである河口湖並みのフィッシングプレッシャーがあると言っても、過言ではありません。
それ以外にも、春先は食いの渋い傾向も強く、バスプロでさえもボウズの日がある程です。

好スポット、秋山川の合流部分周辺を狙おう

春の相模湖のおかっぱりは非常に厳しいので、おかっぱりよりもボートで狙うのがよいでしょう。
春の相模湖のボートでのオススメポイントは、秋山川の合流部分周辺です。
流れ込みあり、自然や人工物のストラクチャーもあり、ポイントがとても多いです。
比較的釣りやすいこともあり、初心者でも苦労することなく狙えると思います。

とはいえ、春の相模湖のブラックバスは、ダメな時はとことんダメなので、そんな時は見きって場所移動しましょう。
意外な場所で反応することがあるので、気になる場所は一通りルアーを通してみましょう。

ちなみに、相模湖にはレンタルボート屋さんがたくさんあります。
ボート免許がある人ならばボート+エレキの組み合わせで攻めることで、より広範囲を攻めることができます。
攻めるエリアが広ければ、厳しい春の相模湖での釣果アップを期待できます。

春の相模湖攻略、おすすめルアーランキング

シビアな春の相模湖では、広範囲を探れるルアーを使うのがよいでしょう。

第1位:ジャッカル/デラブレイク

春の相模湖では、小型のルアーがよく効きます。
特にこのデラブレイクは、ハマるとガンガン、数が出ます。
3.5gのセクシーアユカラーが特にオススメです。

第2位:OSP/ルドラ

私が信頼しているルアーで、広範囲を探る事ができます。
メタルアユカラーが特にオススメ。

第3位:ゲーリーヤマモト/ヤマセンコー3インチ

とにかく釣れるワームです。
私的には、エリア問わず必ず釣れるワームなので常に二袋はストックしています。

春の相模湖では、一匹をキャッチするために何をするかがとても重要です。
難しい分だけ、釣り上げた時の達成感は最高です!

春の相模湖で、ブラックバスを釣ろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。