【磯釣りの王者】スリリングなオナガ狙いに挑戦しよう!

磯釣り師の憧れのターゲットのオナガ。
一瞬で瀬際へ突っ走る瞬発力と、獰猛でパワフルな引きを一度味わえば、磯釣りであれば誰もがその虜になるはず。
そこで今回は、オナガ釣りの仕掛けと釣り方を解説します。

スポンサーリンク

 【磯釣りの王者】スリリングなオナガ狙いに挑戦しよう!

オナガとは

オナガ

オナガ

本州中部より南の太平洋側、東シナ海に主に分布。
初夏から秋に磯周りへ接岸する。
産卵期は初夏から秋。
見た目はグレと似ているが、オナガの方が遊泳力に秀でる。
同じ型であっても、そのパワーは雲泥の差がある。

グレとオナガを簡単に見分ける方法を教えて!

鋭い歯と凄まじい遊泳力

オナガとの勝負には二つの難関がある。

第一の難関:鋭い歯
オナガがハリを飲み込むと、ハリスを噛み切るほどの鋭い歯を持つ。
そのため、ハリは絶対に口周りへフッキングさせなければならない。
ハリは、口周りに掛かりやすいネムリタイプのグレバリを推奨する。

また、鋭いエラブタを持つので、ファイト中の反転でハリスとエラブタが触れるのも、ラインブレイクの原因となることも覚えておこう。

第二の難関:凄まじい遊泳力
ウキが消えたと同時に竿をノサれるほどの速さ、そこからの立て直しが効かない爆発的なパワーと対峙するには、強度を優先したタックルセレクトが必須となる。
そのため、オナガ釣りの聖地・男女群島の夜釣りでは4号グレ竿、ナイロン10号が基本。
それほどの仕掛けであっても、一瞬でブッチ切ってしまうほどの破壊力がオナガにはある。

夜のオナガ釣り仕掛け

オナガ夜仕掛け

長崎県男女群島での夜釣り、60〜70cm級オナガを想定。
釣り方は、際釣り。
遠めで食わすと、寄せる前に瀬擦れでラインブレイクしてしまうことが多発する。
四国や九州の夜釣であれば、60cmまでのオナガを想定するので、ラインは5号クラスがよい。

日中のオナガ仕掛け

オナガ日中仕掛け

九州から四国の沖磯、オナガポイントでの日中釣り仕掛け。
50cmまでのオナガを想定。
本音を言えば、ラインと竿をさらに太くしたいのだが、日中のオナガはラインの見極めがとてもシビアで、ハリスが2.5号以上になった途端に見向きもしなくなることが多々あり。
浅ダナ(2ヒロ以内)を意識して、仕掛けを打ち返しましょう。

オナガ釣りこう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。