【あると便利!】タチウオ釣りを効率よく行うためのアイテムとは?

タチウオ釣りは、時合に効率よく数釣りするのが釣果の決め手となります。
そのため、効率よく手返しするための便利なアイテムがあれば、より釣果を伸ばせるはずです。
今回は、タチウオ釣りに便利な、オススメアイテムを紹介します。

スポンサーリンク

【あると便利!】タチウオ釣りを効率よく行うためのアイテムとは?

フィッシュグリップ&プライヤー

タチウオなどの、鋭い牙を持つ魚を釣るのであれば、フィッシュグリップ&プライヤーは必須アイテム。

どちらか片方がなくても、ハリを外す瞬間にタチウオが跳ねたら、その勢いで牙がグサリと手に刺さることも…。

フィッシュグリップで首元を掴んで、プライヤーで首の骨を上方にへし折って絶命させてから、ハリを外すようにしましょう。

ちなみに、釣り上げる度にタチウオの頭を踏みつけて絶命させてから、素手でハリを外す人を見たことがあります。

なるべくやりたくない方法ですが、フィッシュグリップ&プライヤーを忘れた時には、ケガの心配の少ない取り外し方法として覚えておきましょう。

キャップライト、クリップライト、ランタン

ライトは夜釣りの必需品。

キャップライトだけでなく、クリップタイプやランタンタイプも持っておくと、キャップライトの角度をいちいち変えずに色々な作業ができるので、効率が更にアップします。

ロングタイプの発泡スチロール

みなさんは、タチウオをクーラーにしまう際には、どうしてますか?

ほとんどの方が、長い魚体を折り曲げてクーラーに入れているのではないでしょうか?

折り曲げてクーラーに入れると、家に持ち帰った時に曲がったまま硬直しているので、調理前に押し伸ばさないといけないし、見た目が悪いし…。

しかし、長めの発泡スチロールがあれば…、あら便利!

タチウオを真っ直ぐに伸ばした状態で入れられるので、売り物のような見た目を維持して、家まで持ち帰ることができるのです。

オススメの発泡スチロールは魚の長もの用、もしくは野菜のネギ用。

ちなみに、つりトップ編集部では、近所のスーパーでネギ用の発泡を頂いて使用しています。

集魚灯

ご存知の通り、タチウオはフィッシュイーターなので、ベイトの有無が釣果を左右します。

そのため、自分の釣り座の前にベイトを集めた方が、タチウオの数釣りを達成する可能性が高まります。

そこで使用したいのが、集魚灯です。

集魚灯にプランクトン、小魚、そして本命のタチウオが集まるはず。

調理ハサミ

タチウオは鱗がないし、骨が少ないので捌くのがとても簡単です。

とはいえやはり、頭や内臓などの生ゴミは当然出てしまいます。

そこでオススメなのが、調理ハサミで頭を切り落として、そのまま内臓と一緒に海に捨てて帰ることです。

タチウオの身を軽く洗って焼くだけの状態にしておけば、帰ってからの作業の効率も大幅にアップします!

ちなみに、タチウオの頭と内臓を放り込んだ場所には、翌日にタコが潜んでいる確率が高まります。
時間があれば翌日も同じ場所へ行き、タチウオを狙う前に、タコを狙ってみましょう。

様々な種類のサイズ、カラーのケミホタル

タチウオ釣りの必須アイテムのケミホタルですが、意外に知られていないのが、サイズやカラーを替えることで、タチウオの食い気を誘発させること。

ケミホタルのカラーチェンジをした途端に、アタリを捉えることも日常茶飯事です。

一部マニアの間では当然のように行われているので、みんなが始める前に率先して試してみましょう。

今回紹介したアイテムの中で特にオススメなのが、ロングの発泡ケースです。

美しいタチウオを持ち帰って、家族を驚かせませんか?

《魚料理》タチウオのさばき方、背ビレの小骨を取ろう!

タチウオりたい!
つりトップ 

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。