チニング~初めての道具選び

どんな釣りでも、初めの道具選びは迷ってしまうものです。
チニングには、どんなタックルがおすすめなのかを紹介します。

スポンサーリンク

チニング~初めての道具選び

チニングタックル

チニングのタックルに求められるもの

チニングをする上で、どんなタックルがいいのか、ロッド、リール、ライン等それぞれ分けて説明します。

ロッド〜感度とパワーが必要

チニングで最も重要なポイントであるロッド。
その理由は、チヌという魚は少し特殊で、誘いは細か、アタリは繊細、引きは強烈といった具合に、相反する要素を持っているからです。

つまり、感度よく、パワーのあるロッドを選ばなければなりません。

各メーカーから専用ロッドがリリースされているので、それを選べばほぼ間違いありません。
気になる、他のロッドからの転用につきましては、後述しています。

リール〜テクニックorパワーで選ぶ

2000~2500クラスのスピニングリールをオススメします。
軽量の2000クラスは、アクションを頻繁に行う際に扱いやすく、疲れにくいメリットがあります。
2500クラスはパワーが強いので底や、障害物からチヌを引きはがすのに有利です。
自分が、どんなチニングをしていこうかイメージして選ぶといいと思います。

絶対に使いたいPEライン

ロッドと同じですが、繊細なアタリ捉えられ尚且つ、強靭な引きに耐えうる要素が求められます。
そうなると、絶対のオススメはPEラインです。
さらにPEラインは比重が軽いので、水面に浮きます。
そのため、トップウォーターでの釣りをする際はとても操作しやすいです。
号数でいえば、0.8~0.5号クラスのものを選べば大丈夫です。

道具選びのもっとも重要なポイントとは?

どんな釣りのジャンルでも言えることですが、安価なものはオススメできません。
安価なものは性能もそれなりであり、壊れやすいし使い勝手が悪いと言えます。

例えばロッドに関してですが、3000円くらいのものを買った場合、釣行後のメンテナンスを怠ってしまったりすると3ヶ月ほどで、ガイドがボロボロになり、キャスト時にラインを傷つけてしまう心配があります。
最悪の場合、チヌがヒットした瞬間に折れてしまうこともあります。
その都度安いロッドを買い替えるよりも、値段が少々高くても、ある程度の道具を揃えるべきです。
ロッド、リールともに8000円以上のものであれば、使い勝手もよくて余程無茶をしない限り、長く使えます。

チニングリール

他の釣りのタックルとの相性は?

すでに他のルアータックルを持っている方は、転用できないかと思うのではないでしょうか?
結果からに言いますと、転用は可能です。
しかし、それぞれ一長一短があるため、ジャンル別に説明していきます。

シーバスロッド

7ft以上のものが多いため、少し取り回しが難しいですが、十分なパワーを持っているので、チニングで十分活用できます。
ティップが固いので、繊細なアタリを弾いてしまうのがたまにキズ。

エギングロッド

シーバスロッドと同様取り回しに難があり、パワーは少し弱いです。
しかし、ティップが柔らかいので喰いこみがよく、アクションをしやすいです。
転用可ですが、パワーが物足りない分だけ折れる心配もあります。
大事なエギングロッドの転用は控えましょう。

アジ・メバルロッド

お勧めできません。
年無しクラスのチヌの引きは強烈なので、最悪折られます。
つまりパワー不足です。

バスロッド

フィネス系のロッドがお勧めです。
6ft前後のものが多く、ソリッドタイプのもの多いので掛かり、アクションのし易さが抜群です。
さらにパワーも十分です。
しかしフレッシュウォーターのロッドをソルトで使うと錆が一気にくるので、釣行後の手入れは必須です。

チヌという魚は体長に似合わない引きの強さを持っています。
それこそがチヌの魅力の一つなのですが、その引きに耐えうるタックルでなければ折角ヒットしたチヌをばらしてしまう確率が高まるでしょう。
そんな悔しい思いをしないためにも最初の準備は、しっかり入念に行いましょう!

チニングチャレンジしよう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。