初心者必見、チニングロッドの選び方

チニングゲームを100%楽しむなら専用ロッドを使うのがベスト!
初心者がチニングロッドを購入する際のポイント&お勧めを紹介します。

スポンサーリンク

初心者必見、チニングロッドの選び方

専用ロッドの特徴とは?

チニングロッドは他のルアーロッドに比べると、ファーストテーパー(先調子)のものが多いです。
ファーストテーパーが有利な部分はズバリ、感度のよさです。
チヌは引きが強い反面、アタリが非常に繊細であることが多いです。
特に、ボトムゲームで牡蠣や貝などを捕食しているチヌを狙う際には、ボトムなのか、チヌのアタリなのかを、判断しなければなりません。
感度の悪いロッドではその違いがわかり難く、アタリを何度も逃してしまいます。
まずは、専用ロッドを入手しましょう!

チニングロッド

初心者のロッド選びのポイント

初心者が最初の一本として選ぶのにおすすめなのは、8000円クラスのロッドです。
その中でも、バットがしっかりしているものがよいでしょう。

チヌは口が硬いので、バットが弱いロッドだと力が伝わらず、フッキングがうまくいきません。
仮にフッキングができたとしても、チヌの強い引きにノサれてしまうこともあります。

チニングロッドを選ぶ際には、どんな場所でどのように狙うのかも重要です。
チヌは様々な場所に、非常に広く分布しています。
例えば広い河口で、トップゲームをするのなら長いロッドの方が飛距離も出て断然有利です。
逆に、岸際に牡蠣が密集しているような狭い河口でするなら、取り回しが利く短めのロッドの方が、ラインを牡蠣殻に切られないようなファイトをしやすいです。
初心者であれば短いロッドの方が、キャストコントロールの精度が上がるメリットもあります。

高級ロッドは、実際に釣りをしてから…

いきなり、20000円もするようなロッドを購入する予算があってもできれば、安めのバランスのとれたロッドを購入して、チニングをある程度やりこんで欲しいと思います。
高級ロッドはもちろん、高性能で軽量でパワーもあってとてもよいのですが、その性能をより引き出すには、自分のチニングスタイルを固めてからの方がよりスタイルにマッチしたロッドを選べます。
釣り方や、ホームグラウンドの状況を研究してから、次への大きなステップアップのために、高級ロッドを選んでみてはいかがでしょうか?

おすすめロッドベスト3

 第3位:シマノ/ブレニアスシリーズ 

幅広いラインナップがあるので、様々なフィールドでの対応が可能です。
ベイトリールモデルもあるので、バス釣りからのチニングへのエントリーもしやすいと思います。

 第2位:メジャークラフト/ソルパラ 黒鯛シリーズ 

非常に安価で初心者の入門ロッドにおすすめ。
安価な割に高性能であり、汎用性も高いので、チニングだけでなくロックフィッシュ等のほかのジャンルで活用するアングラーも少なくありません。

 第1位:Abu Garcia(アブガルシア) /SaltyStage KR-X 黒鯛 

感度、バットの強さ、ライントラブルの少なさ、どれをとっても高性能であり、ハイスペックなモデルです。
バリエーションも豊富でテクニカルなチニングをするならこの一本で間違いなし!

キビレ

キビレもよく引きます!

チニングロッドに求められるのは、感度の良さ、バットの強さ、と言えます。
専用ロッドで充実したチニングをエンジョイしましょう。
さらに各メーカーから発売されているチニングロッドは日進月歩で、これからも様々なモデルが出てくることでしょう。
たくさんチヌを釣って、あなたのしたいチニングにぴったりのモデルを、みつけてくださいね!

チニングこう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。