【ブラックバス初心者】春の野池の攻略法とは?

春は1年の中でも、ブラックバスがもっとも釣りやすい時期です。
初心者の方でも簡単に、野池でブラックバス釣りを楽しめますよ!

スポンサーリンク

【ブラックバス初心者】春の野池の攻略法とは?

スポーニングに向けて荒食い

春先のバスは産卵(スポーニング)に向けてエサを荒食いする習性があります。

冬の時期は水温が安定しているディープエリアを好んで生活しているブラックバスは、春のスポーニング期に入ると、ディープからシャローへと場所を移動してきます。

シャローに移動したバスはそこにネストをはり、産卵が終わるとメスはその場を離れ、残された卵はオスが面倒を見るのです。

スポーニングが終わると、オス、メス共に消費した体力を回復するために捕食行動を活発に行います。

なのでアフタースポーン(産卵後)のバスは色々なルアーに反応を示すのです。

ブラックバス野池

アシの周辺やハードボトム、食わせの間を作る

野池であればアシが生えている場所や、ハードボトムの場所は特に狙い目です。

野池は以外と足下にバスがいることが非常に多いので、初めは少し水辺から離れた場所からキャストすることをオススメします。

スポーニングで体力が完全に回復しきれていないバスは、早い動きのルアーのアクションにはついていくことができません。
なのでこの時期はサスペンドするミノーや、ジャークベイトが主流になってきます。

アクションとしては、バスがルアーに気づいて、追いつくことが出来るように、とにかくストップを入れてあげることです。

サスペンドミノーであれは、ストップ&ゴー、ジャークベイトであれば、ジャークして少し止めてまたジャークといったアクションが非常に有効です。

春の野池攻略、オススメルアーBEST3

第1位:ジャッカル/ダウズビドー

野池最強のサスペンドミノーです。
野池であればブルーギルカラーがオススメ。
私はストップ&ゴーのアクションで釣りまくっています。

第2位:メガバス/ビジョンワンテン

知っている人もとても多いと思いますが、非常に優れたジャークベイトです。
キレ鋭くアクションしてくれるし、なぜかデカバスがよく釣れます。

第3位:ティムコ/グリマー7

これぞ反則ルアーです。
とにかく釣れすぎます。
ティップでチョンチョンすると、ロールしてギラギラとフラッシングします。
バスはたまらず。食いついてきます。
特にオススメです。

春の野池のバスは、一年のなかでも特に釣りやすいです。
今回、私のオススメしたルアーで、爆釣させてくださいね!

春の野池、ブラックバスを攻略しよう
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。