【ブラックバス初心者】夏の野池、デカバス攻略法とは?

ブラックバスの生息する野池では、たいていすごいサイズのデカバスが潜んでいます。
今回は、夏の野池でデカバスを攻略するための方法を解説します。

スポンサーリンク

【ブラックバス初心者】夏の野池、デカバス攻略法とは?

ストラクチャー周りが基本

野池のバス達は小さい頃からたくさんのバスアングラーに釣り上げられています。
そのため、デカバスにもなるととても頭がよく、そう簡単にはルアーに食いついてきません。

野池という広いフィールドの中で、デカバスが潜んでいる居心地の良い場所は、やはりストラクチャー周りでしょう。
ブラックバスはサイズか大きくなるにつれて、素早い泳ぎができなくなります。
そのため、ストラクチャー周りやオーバーハングの下、レイダウンタウン、ウィードエリア、などに留まり、近くに来たベイトを捕食するといった生活をしているのです。

ブラックバス

ビックベイトが基本だが…

デカバスオンリーで狙うのであればやはり、ビックベイトやクローラーベイトをオススメしたいのですが、ビックベイトはブラックバスがスレやすくなる難点があります。
そこで、野池の賢いデカバスを慎重に狙うのであれば、大きめのワームを使うのもよいと考えます。
あと、意外な所でチャターベイトのただ巻きも効くことがあります。

夏の野池、デカバス狙いのオススメのルアーBEST3

第1位:イマカツ/アベンタクローラー

バイト丸見えのトップウォータールアーです。
羽根物のなかでも、特によく釣れます。

第2位:ガンクラフト/ジョインテッドクロ-

元祖S字系ビックベイト。
トゥイッチを入れると、スレたバスがバイトしてきます。

第3位:レイドジャパン/バギークロー

肉厚なボディーのワーム。
ノーシンカ-での底のズル引きが非常に良く効きます。
また、高比重なので飛距離も抜群です。

野池のデカバス狙いでは、主にビックベイトを使用していますが、スレやすいとはいえ、デカルアーにデカバスがバイトする瞬間は、いつも痺れます。

今年の夏も…、痺れるようなバス釣りをしたいですね!

デカバスを釣ろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。