【ブラックバス初心者】夏の霞ヶ浦、デカバス攻略法とは?〜陸っぱり編

霞ヶ浦の夏といえば日影が非常に少なく、とにかく暑い…。
しかし、ポイントがたくさんあり、一日を通して楽しむことができるポイントでもあるのです。
ちょっとしたコツを掴めば、初心者でもデカバスを釣るチャンスあり!

スポンサーリンク

【ブラックバス初心者】夏の霞ヶ浦、デカバス攻略法とは?〜陸っぱり編

夏一番のオススメポイントは霞ヶ浦本湖と繋がる水門前(排水機場)

夏の霞ヶ浦といえば、水は基本的にマッディで日影が少なくシャローばかりです。

しかし、色々な川からの流れ込みや排水、水門、テトラエリアやなど、様々な種類のポイントが存在しているので、まずはランガンが必須となります。

霞ヶ浦ブラックバス

実際に本湖にもデカバスは非常にたくさんいるのですが、私にとっての夏一番のオススメポイントは霞ヶ浦本湖と繋がる水門前(排水機場)となります。

この場所は水通しがよく、比較的水温が低めなので、ブラックバスにとっての夏の避暑地になるからか、割りとやる気のあるブラックバスが集まる傾向があります。
足場がきれいなので、初心者の人でも入りやすいです。

このエリア内のデカバスは比較的、泳ぎ回っていることが多いので、広範囲を探ることが出来る、スピナーベイトやバイブレーション等が特に有効なルアーとなります。

葦際にワーム等をキャストするのも、とても効果的です。

夏の霞ヶ浦の陸っぱり、オススメルアーBEST3

第1位:ガンクラフト/キラーズベイト

ブレードの波動が非常に強く、アピール力抜群のスピナーベイト。
私的にはモロコカラーがオススメです。

第2位:ゲーリーヤマモト/イモグラブ40

ノーシンカーでの流し釣りでは最強のワーム。
ワーム界では一番の釣果を誇っていのでは???

第3位:サワムラ/ワンナップシャッド

このシャッドテールはボディーがとても柔らかく、非常に良い動きで泳いでくれます。
オススメは4インチ、ワカアユカラーです。

霞ヶ浦は基本的にはマッディウォーターなのでバスの姿をなかなか見ることができません。
そのため、霞ヶ浦のデカバスへの近道はランガンしながら色々なポイントを攻めることが大切になります。
みなさんも色々なポイントを攻めて、霞ヶ浦のデカバスをゲットしてくださいね!

霞ヶ浦でデカバスを釣ろう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。