【ブラックバス初心者】夏の相模湖、デカバス攻略法とは?〜陸っぱり編

相模湖は一年を通してフィッシングプレッシャーが非常に高く、一匹を釣り上げるのがとても難しい湖として知られています。

スポンサーリンク

【ブラックバス初心者】夏の相模湖、デカバス攻略法とは?〜陸っぱり編

小バス狙いで場所慣れしよう

デカバスを狙う前に、ハイプレッシャーで難しい相模湖に慣れるために、子バスを狙ってみましょう。

ウィード、もしくはストラクチャー周りを、ソフトルアー系で狙うのがよいでしょう。

私的に実績があるのがノーシンカーグラブやジャッカルのシザーコーム、カラーはどちらもウォーターメロンでした。

8c19893592dbe12b2fd980d4b82fc892_s

デカバス狙いにおすすめ、上野原

夏の相模湖でのデカバス狙いでオススメの陸っぱりポイントは、上野原です。

上野原はボートが入って来れないのでその分だけ、フィッシングプレッシャーが低くなっています。

また、岸には草などのストラクチャーが豊富な上に、ゴツゴツとしたハードボトムとなっているので、バスもこの辺りに集まりやすくなっています。

夏にはかなりの数のバスが集まる場所なので、デカバスも非常に期待できます。

また、上野原には無料駐車場もあるので陸っぱりの人には非常に良い環境となっています。

このポイントではすべてのルアーが有効ですが、私のオススメはネコリグです。

夏の相模湖、デカバス狙いにオススメのルアーBEST3

第1位:ジャッカル/フリックシェイク

ストレートワームの王様です。
ネコリグ、ジグヘッドワッキーなどで使うとよく釣れます。

第2位/ゲーリーヤマモト:カットテール

独自の自発的なアクションで、ハマれば爆発!
私のオススメカラーはシナモン。

第3位:ゲーリーヤマモト/ヤマセンコー

ベイトロッドでも扱い高比重ワーム。
デカバスの実績が高いです。

夏の相模湖でのデカバスは非常に難しいです。
だからこそ、思い出深い一匹として、心に残るはずです!

夏の相模湖へ行こう
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。