2016年秋、ヒラメ狙いにオススメのメタルジグBEST5

広範囲、深場を効率よく探れるメタルジグは、ソルトの現場では様々な分野で活躍をしています!
今回は近年人気が急上昇中の、ヒラメ狙いにオススメのメタルジグを紹介します。

スイムタイプを基本、時々リアクションで狙う

サーフからの竿出しをメインに狙うヒラメ釣りでは、もちろんメタルジグが大活躍をします。
沖までの遠投が効くし、荒波に揉まれてもしっかりとボトムまで届くなど、ヒラメ狙いでのメリットがとても大きいです。

しかし、すべてのジグがヒラメ用に適してる訳ではございません。
釣果が出やすいのは、ただ巻きでも泳ぐ、スイムタイプのジグです!
具体的な形としてはスリム系ではなく、スプーンに近いようなフォルムのジグがオススメです。
アクションについては、青物にはジャークが効果的ですが、ヒラメは同じレンジをただ巻きするのがよいと感じています。
もちろん、ジャークを入れてのリアクションでバイトを狙うのも効果的なシチュエーションもあります。
基本はただ巻き、時々ジャークを入れて狙ってみるのもよいでしょう。

2016年秋、ヒラメ狙いにオススメのメタルジグBEST5

第1位:ダミキジャパン/バックドロップ30g  リアルイワシ

41R5fTGPbHL._SX425_

スローのリトリーブでもお尻フリフリしながら泳ぐバランスの取れた一品です!
ただ巻きだけではなく、朝マズメのヒラメの活性が良い時はショートピッチ・ショートジャーク、いわゆるボトムワインドでアピールし、フォールのゆらめきで食わせるパターンも有効です。

第2位:ダイワ/鮃狂(フラットジャンキー)ヒラメタル 30g ダブルピンクゴールド

非対称5平面を備えた高反射デザイン。
ざっくり説明すると、表の面に5面もアピールする面があり、ただ巻きでも様々な角度からキラキラ反射します。
個人的にはダブルピンクゴールドを愛用していますが、ゼブラキャンディカラーも欲しいなあ…。

第3位:BLUE BLUE/シーライド 30g コットンキャンディー

これまで誰も見たことがない変幻自在のドルフィンアクション!
ロッドを軽くあおって巻くだけでOK!
カラーはヒラメに適したカラーバリエーションが豊富です。
アシストフック2本のみですが、十分なフッキングが可能です。
もし、フッキング率を上げたいならば、泳ぎのバランスを崩さない程度の大きすぎないトリプルフックを付けることをオススメします(^^)

第4位:YO-ZURI/ブランカジグ 28g 

ど定番ですみません(笑)
お値段が安く、安定の実績を誇る外せないアイテムです。
ただ巻きでもスローでも、どちらでもアピールは抜群!

第5位:ラパラ(ストーム)/スーパー五目スプーンジグ 25g

もう、スプーンになってしまいました!f^_^;)
上下左右、スプーンならではの動きで幅広くアピールできて、もはや言うこと無しです。
ジャークは必要ありません。
ボトムから30㎝〜1mのレンジを意識して巻くだけでよいです!

難しいイメージのあるヒラメですが、時間帯、ベイトの接岸などなど条件が合えば意外と簡単に釣れます!
今年こそ、座布団サイズのヒラメをゲットしてくださいね!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。