2016年秋、使ってみたいタイラバBEST5

いまやほとんどのメーカーがこぞって商品を出しまくるタイラバ!
釣具屋としても、これだけ一年中使えるルアーが流行してくれるのは、とてもありがたいです(^^)

611rpvkHy5L._SL1000_

タイラバ選びの第一は重さ

タイラバには色々な種類がありますが購入時のポイントとしては、第一に「重さ」です。
水深20〜30mなら40〜60g、それ以上の水深や、深くなくても流れが速い場合は80〜100gまで準備しておくとよいでしょう。
カラーについては定番の赤をベースに、最低でも3色は揃えておきたいですね!

2016年秋、使ってみたいタイラバBEST5

第1位:ニッコー化成/セブンスライド

やはり誘導式の本家は今でもよく売れるので、私の勤める釣具店でも品切れすることが多いです。
お値段は少々お高めですが、フックサイズやスカートの量などトータルバランスがもっとも優れています。
実績があるので少々高くても、不動の人気です!

第2位:ジャッカル/ビンビン玉スライド

セブンスライド公認の誘導式!
PTFEタフネスパイプを使う事により、リーダーのダメージを防いでいます。
一般的な丸型タイプのシンカーなので、暴れすぎない安定性があります。

第3位:マルシン漁具/GSKスライド

低価格路線で人気のマルシン漁具のタイラバ。
とりあえず数を揃えたい時には、たいへん役に立つ商品を繰り出しています。
総じて、出来栄えも値段相応ですが、このタイラバについては、「意外に釣れる」との評判です。

第4位:ダイワ/ 紅牙 ベイラバーフリー

驚異の貫通力を見せるダイワ特注のフック!
マダイが吸い込めば、逃さずブチ刺します。
これ本当です!(私の体験談)
ダイワ(Daiwa) 紅牙 ベイラバー ラトルマジック接続パーツR レッド(ケイムラ)と取り替えれば、音のアピールも加わり効果的です!

第5位:ハヤブサ/フリースライドVSコンプリートモデル

シンカー部分が受けた水流を受け流し、低重心に設計されている為ライントラブル激減!
あとは一般的なタイラバと言った所でしょうか。
個人的にはブルーシャッドっというカラーが、活性が低い時に効果的でした!

各社色々なシンカー、スカート、ネクタイ、フックに取り付けるワームなど組み合わせはかなりあります。
その日のパターンを早く見つけると釣果に恵まれますよ(^^)

タイラバへ行こう!
つりトップ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。