【千代の富士死去】親方よ 夏にモンゴルに来てイトウ釣る約束は?

大相撲で31回の優勝を果たし(歴代3位)、昭和最後の大横綱として知られた千代の富士こと、九重親方が2016年7月31日に死去した。

これまでの力士のイメージを覆す、筋骨隆々の肉体と精悍な顔付きから「ウルフ」との愛称で親しまれ、全盛期には「ウルフフィーバー」と呼ばれる社会現象を巻き起こした。

そんな九重親方の死去のニュースに、気になるツイートが…。


そういえば、九重親方の趣味は釣りで、そのジャンルは船釣りだった記憶が…。
調べてみると、三重県鳥羽市で「九重カップ」と名した大会を後援されていました。
今年で8回目を数える大会で、九重親方も毎回参加されていたようです。
今年も参加されて、マダイを釣られていました。

全国各地で釣りを楽しまれていたようで、静岡新聞では下記の記事が掲載されていました。

九重親方のご冥福をお祈り致します。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。