【夏釣りの服装】日焼けと虫対策で、後悔しないための注意点

照りつける太陽。夏の日差し対策

466417
釣り初心者に注意したいのが、暑いからといって肌を露出しないこと

海辺は暑さと開放的な気分でついつい、肌を露出しがちですが、それはNGです!
肌の露出は「日焼けのし過ぎ」の原因となって、火傷や肌のシミになってしまうなんてことも…。
夏用の蒸れない、速乾性のある長袖、長ズボンの着用を忘れずに!

日焼け対策で忘れがちになる首の後ろ、手や足の甲

これらの場所は、釣りや他の場所の日焼け対策に気を取られて、帰ってからのお風呂で火傷に気づくなんてこともあるので、注意をしましょう。
特に、サンダル履きの時はサンダル模様の日焼けがつくので、夏用の靴下を履くなどして、対策を講じましょう。

軽くて蒸れない、膨張タイプのライフジャケット

浮力材の入ったベストタイプライフジャケットは蒸れるし、風邪が通らないし、重たいし…。
膨張タイプのライフジャケットであれば、軽くて通気性がよく、夏の釣り場に最適です!
特に、上半身がフリーになるベルトタイプがオススメ!

目の日差し予防に偏光レンズ

海面の乱反射、岩場やアスファルト、コンクリの照り返しも目へのダメージが少なくありません。
サングラスでも構いませんが、できれば、日差し対策に加えて水中がよく見える偏光レンズを使いたいです。

刺されるとかゆい、虫対策

494807

夕方から朝にかけての釣り場は、蚊やブヨが大量発生してしまいます。
そんな時に半袖、半パンだと、肌の露出部分を刺されまくるなんてことも…。

日焼け対策同様、こちらも長袖、長ズボン、肌の露出を少なくしましょう。

最近は、虫よけ効果があり、通気性の高いメッシュ素材のウェアも人気です。
服以外にも虫除けスプレー、蚊取り線香も忘れずに準備しましょう。

虫除けスプレーは効果を持続させるため、こまめに衣類や肌に吹きかけましょう。
蚊取り線香は風上に複数、釣り人の周囲で煙を切らせないことが重要です。

日焼けと虫対策の基本は、長袖、長ズボン、肌の露出を控えることです!
釣り場では、必ず守りましょうね(^^)

もちろん、帽子は絶対に必需品です!
ハットタイプが、顔の周りに日陰ができるのでオススメです。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。