2016年秋、1万円以内で購入できる初心者にオススメのエギングロッドBEST5

まずは、エギング初心者が初めてロッドを購入する際、失敗しないための注意点を少しばかり…。

シーバスロッドはNG

エギングで必要となるのは、ロッドの軽さと張りのある調子です。
シーバスロッドはカーボン厚めの重たいロッドなので、一日中シャクるのは負担が大きくしんどいです。
また、シーバスロッドはエギングロッドに比べて張りが無いため、エギをダートさせるのが困難です。

長すぎもNG

長いロッドが飛距離を出せるのは当たり前ですが、その分、操作性が落ちてしまいます。
しかも、エギングロッドは長いほど、手首が腱鞘炎を発症してしまう危険も…。
慣れるまでは長くても、8.6フィートまでにしましょう!

安価なロッドとリールのセット物には要注意

釣具店に並べてある安価なロッドとリールのセットは、オススメできません(釣具店店員ですが…^^;)。
ロッドは初心者でも折れ難いカーボンとグラスを使用している場合が多く、重いしブヨンブヨンで使えません…。
高くなくてもよいので、有名メーカー品のそれなりのロッドを購入しましょう。

スポンサーリンク

2016年秋、1万円以内で購入できる初心者にオススメのエギングロッドBEST5

第1位:メジャークラフト/ファーストキャスト FCS-862E

当サイトで、ちょいちょい登場のファーストキャスト。
デザイン良し、この価格でオールフジガイドを使用してるのにはビックリです!
最も使用頻度の高い3〜3.5号のエギを扱いやすく設計、オールシーズン使えますね♪

第2位:ダイワ/リバティクラブ インターライン 862MI

初心者の方にはありがたい、中通しロッド。
通常の中通しのエギングロッドは、15000円以上しますので、かなりお買い得です!
ラインが見えないナイト・エギングでとても便利、糸絡みの心配がありません!

第3位:プロックス/スキッドジェット SQJ86

適度に張りのある先調子のブランクスは細かなアタリも取ることが可能。
秋の小イカの微妙なアタリも取れるでしょう!
穂先と元竿部分にKガイドを採用、PEラインの負担も軽減されます。

第4位:ダイワ/リバティクラブ エギング アウトガイドモデル832ML

先ほどご紹介したインターラインのアウトガイドモデル。
もちろん862MでもOKです。
見た目も上位機種に劣らないオリジナルのリールシートや、トップにsicガイドを採用してるので良いところは抑えてますね!

第5位:シマノ/ソルティーアドバンス エギングS806ML

こちらもダイワ同様トップにはsicガイドを使用してます。
元ガイドにはステンレスKガイドが付いてるのでPEラインでのしゃくり動作に適用しています。
一万円ギリギリのラインですが上手くなってもセカンドロッドとしても活躍出来ると思います(^^)

初めのうちは1万円以下ぐらいのロッドで慣れて、上達してきたなと思ったら自分のスタイルにあったロッドを選ぶと良いでしょう!
この秋からは、レッツ・エンジョイ・エギング!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。