2016年秋のオフショアタチウオ、初心者にオススメのメタルジグベスト5

今ではエサ釣りより釣れてるんじゃないかと思わせるほど、タチウオジギングは流行ってますね!
日中なら水深が深い所がポイントになりますので、重ためのジグを用意しましょう。
基本的なカラーはパープルカラー、ゴールド系、グロー系です。
その日の当たりカラーもありますのでジグの種類は多めに持って行きましょう。
そうそう、鋭い歯によるラインブレイクも多いですからね!

スポンサーリンク

2016年秋のオフショアタチウオ、初心者にオススメのメタルジグベスト5

第1位:ジャッカル/アンチョビミサイル 190g

ラトル入りのテンヤ型タチウオジグ。
大きなロッドアクションを加えたダートアクション、緩いアクションで食わせの間を与える水中での水平に近いステイ姿勢など、様々なアクションを駆使して、タチウオを狙えます。

第2位:YO-ZURI/ブランカタチウオSP ゼブラ200g

メリハリのあるゼブラ模様がタチ魚の狩猟本能を刺激!
アタリカラーが刻々と変化するタチ魚釣り、実績のカラーをラインナップしているので多色のジグを揃えましょう。
カラーチェンジが釣果に繋がると思います!

第3位:タックルハウス/近海仕事人 センターバランス タチウオセレクションカラー 150g 

タチウオジグでセンターバランスを採用してるメーカーが多い理由は、タチウオが捕食するのが下手だからです。
塗装が頑丈なのも、タチウオ狙いにはうれしいです。

第4位:ヤマリア/メタルフリッカー サーベリングSP 160g

ベーシックなセンターバランス。
抵抗の少ない形をしてるので引き抵抗が少なく、一日中使っても疲れません。
スレてアタリがない時はブラウン系が助けてくれるかも!?

第5位:XESTA /アグラーム 160g

隠れた人気のXESTAのアグラーム。
4.5対5.5のリアバランス設計によりスライド&ウォブリングロールの規則正しいアクションにタチウオが好反応します!
カラーバリエーションも多く、タチウオスペシャルカラーは全部使ってみたいです(^^)

釣って楽しい、食べて美味しいタチウオジギング!
本番に100パーセントで挑むために、少しずつジグを揃えましょうね!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。