【ブラックバス釣り初心者の疑問】秋のターンオーバーとは?

バス釣りをする人であれば誰もが耳にしたことがあるターンオーバー。
バス釣り初心者にとっては、何を意味する言葉なのかさっぱりわからないのでは?
ターンオーバーの意味がわかっていても、どの様に攻めたらよいのか全くわからない中級者も少なくないようです。
そこで今回は、秋によく起きる現象の一つであるターンオーバーについて解説をします。

スポンサーリンク

【ブラックバス釣り初心者の疑問】秋のターンオーバーとは?

ターンオーバーとは、表層と底の水が入れ替わる現象のことを言います。

ターンオーバーの起きる原因は様々ですが、秋のターンオーバーは主に、気温の低下による表層水温の低下で起きてしまいます。

14157a8e725e16e25a3700c46146cc3e_s

秋のターンオーバーが起きるメカニズム

秋になり気温が下がると、水面の水の温度が下がる。

温度が下がった水面の水は比重が高くなるので(水温の低い水ほど比重が高い)、中層から下の水よりどんどん下がり、入れ替わるように底の水が水面に上がってきます。

ターンオーバーが起きると、ブラックバスが釣れなくなる理由

ターンオーバーの起きる湖の水深は、10m以上となります。

その深さの水は、酸素量などのコンディションがブラックバスに合わないため、バスの活性を下げ、釣りを非常に難しくしてしまうのです。

ターンオーバーの見抜き方

無駄な時間を過ごさないためにも、ターンオーバーが起きているフィールドは、素早く見抜く必要があります。

一般的に言われている見抜き方は、水面をロッド等でかき混ぜた際に、なかなか泡が消えない、水が非常に濁っているなどがあります。

ボートが横切った時泡が消えるか、消えないか見ることでも判別可能です。

ターンオーバー時の釣り方

しかし、ターンオーバーが起きたからといってバスが釣れないわけではないので、安心して下さい。

ただ活性が下がってしまっているので、いつもよりかは難しくなっていますが、色々なポイントを探れば釣ることが可能です。

ターンオーバーが起きると、バスは水質の良い場所に避難します。
そのため、できるだけ水質の良い場所を探すことが、キーポイントとなります。
ターンオーバーはある程度の水深のある場所で起こりがちなため、シャローエリアの水質は生きている場合が多いです。
流れ込み等も新鮮な水が入ってくるので、水質もよく狙い目です。

あと、ウィードエリアも狙い目です。
ウィードには浄化作用があるので、その周りの水はきれいな場合があります。
フィールド内の元気なウィードを見つけたらぜひ、狙ってみてください。

水質の悪い場所でもブレイクの立ち上がりをピンポイントで狙うやり方もあります。
底の悪い水が上がる時、ブレイクの立ち上がりの根元部分には水が回りにくくなっていて、ターンオーバーの影響を受けにくいと言われています。

ターンオーバー時にオススメのルアー

水質の悪さから活性も非常に落ちてしまっていてなかなか口を使ってくれないので、使うルアーはリアクションバイトが誘えるジャークベイト、クランクベイト等を選ぶと良いでしょう。

メタルバイブは冬はもちろん、年中通して私のオススメでリアクションはピカイチです。

たまに水質が悪い場所でもベイトを捕食するやる気まんまんなバスが居ることがあるのですが、そう言った場合にはスピナーベイトやバイブレーションを使うと良いでしょう。

ブレイクを攻める時は、じっくりとピンポイントで探るので、ラバージグやワーム等を使うのが良いでしょう。

ターンオーバー時にオススメのルアーBEST3

第1位:エバーグリーン/リトルマックス

年中使う私の秘密ルアーです。
巻いてよし、リアクションよしで、釣果もよし!
様々なウェイトがラインナップされていてスピニングでも投げれるので、始めての人でも使いやすいです。

第2位:レイドジャパン/レベルクランク

非常にスローに巻いてこれるように作られているクランク。
スローにじっくり、誘うことができます。

第3位:ジャッカル/ダウズビドー

アクションが非常に良くただ巻きでも良く釣れますがリアクションでのバイトは特に多いです。
早巻きでも姿勢を崩さないのでしっかりとバスを誘うことが可能です。

ターンオーバーが起きているから釣れないわけではないので、今回紹介した攻略法で攻めてみて下さい。
むしろこの様な条件下の方がバスの居場所を探りながら釣っていくという本来のゲームフィッシングの楽しさが味わえると思います。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。