【初心者必見】チニングのおすすめルアー ボトム編

ナイトチニングではボトムが主戦場になります。
そんなボトムゲームでは、ジグヘッド+ワームが主役と言えるでしょう。
ジグヘッド、ワーム別にお勧めを紹介します。

スポンサーリンク

【初心者必見】チニングのおすすめルアー ボトム編

ジグヘッド

オーソドックスといえる、ワーミングの基本形のフックです。
汎用性が高く、あらゆる状況で使えます。

オーナーばり/JH-86 クロスヘッド

安価で汎用性が高く、メバルやアジにも使えるジグヘッドです。
太軸設計のものをチニングで使用するといいでしょう。

ダイワ 月下美人 SWライトジグヘッドSS

ジグヘッドにアイシールが付いているものです。
ダイワのフックシステムSaqSasを搭載で驚異の貫通力を誇り、チヌの固い口にもしっかり刺さります。

ジャズ /尺ヘッドDX マイクロバーブ Dタイプ

チニングでダートゲームをするならこれ!
キビキビしたアクションをし、小魚を狙うチヌを誘います。

ラバジグ系

ジグヘッドとは違いスカートと呼ばれる、樹脂製やゴムでできたヒラヒラしたものがヘッド部分に付いているものです。
アピール力が抜群で、ワームをつけずにこれだけで釣れることもある代物です。
ハマれば好釣果に恵まれるので、愛用するアングラーも多いです。

ダイワ/チヌ魂

バランスが非常によく、根掛かり回避に優れています。
ただ巻きだけで十分というポテンシャルで、初めてチョイスするならこれで決まりです。

シマノ/ブレニアス ネガカリノタテ

その名の通り最強の根掛かり回避能力を誇ります。
平たく設計されたヘッドが荒れた底を滑るように動き、攻めることができなかったフィールドでチヌを狙うことができます。

メジャークラフト/チヌボール

今年デビューしたばかりのニューフェイスです。
中空ヘッドのおかげでゆっくり沈むことにより、よりじっくり探ることができます。

C.C.Baits/根魚ボンボン チヌスペシャル

全てはこれから始まったといっても過言ではない、名品です。
後述しますがこれとサンドワームの組み合わせだけでいいという、チニングアングラーは少なくありません。

ワーム

上記のジグヘッドやラバジグにつけて使用するルアーです。
チヌのメインベイトの一つである甲殻類を模したもの(クロー系)が多くリリースされています。

ダイワ/ダックフィンバグ

クロー系ワームの基本形といえるワームです。
エビや、ボケジャコなどを捕食しているチヌに最適です。
干潟や河口で威力を発揮します。

ジャッカル/ちびチヌムシ 1.5インチ

同じ甲殻類でもフナムシ捕食しているときはこれです。
小さめのシルエットで吸い込みやすく設計されています。
裏技的な使い方で、極小ジグヘッドを使用し岸壁の際を狙うヘチ釣りのようなこともできます。

エコギア/アクア 活チヌシュリンプ

いわゆる汁物系ワームと呼ばれる、集魚効果のある液に浸かっているワームです。
その匂いで抜群の集魚効果を生み出します。

Berkley/ガルプ! サンドワーム

ほぼエサ、反則級の釣果、これで釣れなきゃ諦めろ、と言われる程の最強のワームと言っても過言ではありません。
汁物ワームの部類ですが、匂いもなかなかのものです。
最強ワームと呼ばれますが、強すぎる集魚効果でチヌ以外の魚も釣れてしまうのは贅沢な欠点かもしれません。

メバリングや、アジングをしていたらチヌが釣れたという事はよくあるように、ワーミングでのチニングはまだまだ未開拓な部分があると言えます。
意外なワームでチヌが釣れてしまうこともあるので、色々試してみるのも面白いかもしれません。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。