【2016年秋】バス釣り初心者にオススメのベイトリールBEST5

スピニングになれてくると誰しもがパワーファイトが出来る、ベイトリールに興味を持つものです。
ベイトリールを使うことで使えるルアーの幅が一気に広がるのに加えて、より感覚的にバス釣りを楽しむことができまるようになります。

スポンサーリンク

【2016年秋】バス釣り初心者にオススメのベイトリールBEST5

私も子供の頃は3000円もしないベイトリールを使っていたことがあったのですが、バックラッシュ等のトラブルが非常に多く、そのうち使わなくなった覚えがあります。

ベイトリールの値段の違いを簡単に説明すると、投げれるルアーの範囲になります。
小さなミノー、ワームなどの軽量ルアーを安いベイトリールで投げようとすると、バックラッシュ等のライントラブルでなかなか使いづらい物です。

しかし、高いベイトになるとDC (デジタルコントロールシステム)機能や、SVS(遠心ブレーキ)といった高性能なブレーキシステムで、バックラッシュを防いでくれます。

そのため、高いベイトリールは幅広い重さのルアーを快適に使うことができます。

高価なベイトリールにはベアリングの数が多く、巻き心地も快適です。

また、高価なベイトリールのフレームには軽量で剛性が高い素材を使用しているので、耐久性も非常に高くなっているのです。

【2016年秋】バス釣り初心者にオススメのベイトリールBEST5

第1位:シマノ/メタニウム

SVS等などの高機能を十分に装備した、ベイトリールです。
ルアーがよく飛んでウエイトも軽く、トラブルも少ないので非常に使いやすくオススメです。

第2位:ダイワ/SSAir

ダイワのベイトフィネス用の最高峰機になります。
本体は非常に軽く、エアブレーキシステムでバックラッシュも非常に少なくなっています。

第3位:ダイワ/タトゥーラ

剛性が非常に良く値段もお手ごろです。
ドラグ性能も非常に高く、レベルワインド搭載で飛距離も非常に良いです。

第4位:シマノ/スコーピオン

軽量ルアーにも対応しているベイトリールで、値段もお手ごろです。
現行モデルは昔からのカラーリングから一転、ブラックで非常にかっこ良くなっています。

第5位:シマノ/バスワンXT

シマノの最安ベイトリールです。
値段は安いですが、SVS、遠心ブレーキ搭載で性能は非常に高いです。

ベイトは使いたいルアーによってチョイスが変わってきます。
ベイトフィネスでストロングな釣りも非常に楽しい釣りなので、皆さんも機会があれば高性能ベイトリールを試してみてくださいね!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。