【2016年秋】バス釣り初心者にオススメのラインBEST3

バス釣りではラインを使い分けることで、釣果の差が出るケースが少なくありません。
今回は秋のバス釣りにおいての、ラインの使い分けを解説します。

スポンサーリンク

【2016年秋】バス釣り初心者にオススメのラインBEST3

秋はバスが広範囲に散らばっているので、飛距離を稼いで広範囲を探ることが、釣果の鍵となります。

広範囲を探るのに適しているルアーは、スピナーベイト等のファーストムービング系ルアーになります。
そういった巻物系を使う際のラインの太さは、12ポンドぐらいがオススメです。

多少軽いワーム等をスピニングで投げるのであれば、ラインの太さは4~6ポンドまでを基準にして使い分けるのがよいと思います。

簡単な注意点としては、細いラインで重たいルアーを投げない様にしてください。

【2016年秋】バス釣り初心者にオススメのラインBEST3

第1位:ヤマトヨテグス/フロロバリュースター

これからフロロを始めたい初心者の人にも値段的にも買いやすい値段です。
また、強度も十分です。

第2位:サンライン/バススペシャル

ナイロンラインです。
クリアからマッディウォーターにも対応しているカモフラージュカラーで、強度も十分。
値段も安いので、初心者にオススメです。

第3位:デュエル/アーマード

私はこのアーマードの0.9号を良く使っています。
他のPEに比べて糸ふけしにくく、感度も非常に良く、とにかく強いラインですね。

初心者はまず、ナイロンラインの8ポンドぐらいをスピニングに巻いて使うとよいでしょう。
慣れてきたら5ポンドを使ったり、ベイトにより太いラインを巻いたりと、色々なパターンを試してみてくださいね!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。