【磯のグレ釣り初心者】安全確保のために守らなければならないルール

その中でもっとも危険なジャンルの釣りは、磯のグレ釣りだと言われています(石鯛も)。

そこで今回は、自分の命と身体を守るために、磯のグレ釣りの時に覚えておきたいルールを紹介します。

スポンサーリンク

【磯のグレ釣り初心者】安全確保のために守らなければならないルール

ライジャケ、磯靴など安全な格好で

近年はライジャケ、磯靴でなければ、磯へ渡してくれない船長も多くなるなど、安全への取り組みがしっかり行われるようになっています。

あとはライジャケの股紐、磯靴のソールのチェックなど、個人でしっかり服装の安全確保を行いましょう。

磯

船の瀬着け時、船首に立たない

瀬渡し船は船首に付けた大きなタイヤを岩場に押し当て、瀬着けを行います。

その瀬着けの最中、船首に釣り人が立っていると、操船する船長はタイヤと岩場の位置を同時に視認することができなくなってしまいます。

そのため、船首周りにいる釣り人は瀬着け時に座ることがルールとなっています。

船の瀬着け時、安定した姿勢をとる

船の瀬着けの時、船首と岩場の衝突で、激しく揺れる時があります。

その時に不安定な姿勢でいると、船上でつまづいたり、最悪な場合、船から投げ出される危険もあります。

まずはものに掴まること、次に座って安定した姿勢を確保するようにしましょう。

磯場への荷渡しは慌てず、素早く

まず、船からの乗り降り時は絶対に荷物を持たないこと。

両手がフリーの状態で、足場の安全な場所を確保してから慌てずに素早く、荷物の受渡しを行いましょう。

海に背中を向けない

磯の上でのマキエ作りは、ついついその作業に集中してしまって周りが見えなくなることがあります。

そんな時に大波が来れば、流されてしまう危険が生じます。

そのため、釣り場で作業をする時は、常に海の見える位置を確保する必要があります。

高場で、海に背中を向けずに正対して、作業を行いましょう。

磯のグレ釣りは危険がいっぱいですが、それ以上に、大自然の醍醐味を存分に楽しめる釣りでもあります。

安全確保を十分に行って、磯釣りを楽しみましょう!!!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。