バス釣り初心者に教えたい、ライン素材の選び方

バス釣りではラインを使い分けることで、釣果の差が出るケースが少なくありません。

今回は初心者に向けて、ラインの使い分けを解説します。

スポンサーリンク

バス釣り初心者に教えたい、ライン素材の選び方

初心者に気をつけてもらいたいライン選びのポイント

まずはバス釣りのラインで主に使われるナイロン、フロロカーボン、PEラインの特徴を簡単に説明します。

ナイロンライン

水に浮きやすく、とても扱いやすい、しかも安い!

根擦れに弱いところが難点ですが、海底の形状が緩やかな場所での竿出しであれば問題はありません。

初心者の方は、何度もラインを切ってしまうトラブルに見舞われがちなので、コストパフォーマンスの高いナイロンラインから使ってみましょう。

初心者にオススメのナイロンライン

サンライン:バススペシャル

ソフトナイロン素材なので、ライントラブルが激減します。

サンライン:クインスター

とにかく安いので、値段を気にせず、がんがん巻き替えることができます。

フロロカーボンライン

フロロカーボンラインは水馴染みがよく、沈みやすいです。

そういった特性から風に煽られにくいので、強風時に重宝されます。

根ズレにも強いので、ストラクチャーの入り交じるポイントでの竿出しに向いています。

難点は、ナイロンよりも値段が高いこと。

ラインが沈みすぎるのも、シャロー狙いには不向きです。

初心者にオススメのフロロカーボンライン

ヤマトヨテグス:フロロバリュースター

値段の割には、強度が十分です。

サンライン:FCスナイパー

素材から見直したスーパーフロロラインです。
プロから初心者まで愛用できます。

デュエル:ハードコアフロロプラス

滑らかさと表面の強度が強く、非常に耐摩耗性に優れたフロロラインです。

PEライン

繊維を編みこんで作ったのがPEラインです。

ライン自体の延びがないので、とても感度が高いです。

しかも、引張強度がとても強いので、細いラインを使用できます。

細いラインのメリットは、飛距離が出ること、感度が高まることがあげられます。

なお、強度があるので、デカバスとの強引なファイトにも向いています。

水に浮く特性があるので、トップウォーター系のルアーとの相性がとてもよいです。

ただし、根ズレに弱いので、かならず、フロロカーボンリーダーを使用しなければなりません。

サンライン:バススーパーpeライン

カモフラージュカラー採用であり、耐摩擦性にもすぐれたラインです。

東レ:ソラロームルアーPE

アングラ-からも見やすいラインカラーです。専用コーティングにより操作性高いです。

用途に合わせてこの3つのラインを使い分けることで、バスフィッシングの幅がすごく広がるはずです。

先ずはナイロンラインを使ってみて、フロロ、PEラインをお試しくださいね!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。