【9月のエギング】小型アオリイカ、新子の攻略法とは?

9月の堤防では、アオリイカの新子の群れをたくさんみかけませんか?

9月の新子イカは、エギを群れの真ん中に落とすだけですぐに釣れていましたが、スグにスレて反応しなくなるケースも。また最近は警戒心の高いアオリイカのDNAを引き継いだ新子多いとされ、簡単には釣れないという説もあります。今回は新子イカのエギング攻略方法について解説します。

スポンサーリンク

 【9月のエギング】小型アオリイカ、新子の攻略法とは?

アオリイカの新子

エギは2.5号以下が足元狙いにおすすめ

3号以上のエギだと、イカのサイズよりエギの方が大きいなんてこともありますが、ポイントとなるのは沈下速度沈降姿勢の角度にあります。

YO-ZURI(ヨーヅリ) ルアー エギ アオリーQ RS 1.8号 IGEBYO-ZURI(ヨーヅリ) ルアー エギ アオリーQ RS 1.8号 IGEB

足元を狙う際には、少しキャストして足元までの近距離の間を、フォール時間をより長くとってエギをアピールすることが重要です。そうなると3号以上のエギでは、自重がが重すぎてフォール姿勢が悪くなります。頭が下がり過ぎ、垂直に沈んでいってしまったり、エギがループを描きながら沈降すると、新子が興味を示してエギに近づいても、違和感を感じてエギを抱いてくれません。

できれば、エギのサイズは新子よりも小さい2.5号以下がベストです。エギのサイズが小さければ小さいほど、近距離でのフォール姿勢やスピードは安定します。

2.5号以上のエギを使う場合は、ラインを張ってテンションフォールさせるなど、工夫しましょう。シャクリを入れる際も、大きく縦にシャクるのではなく、小刻みにジャークを入れて中層から表層を意識してダートさせると、重たいエギでも足元で自然にアピールできます。

ハリスは細い方が有利

クレハ(KUREHA) リーダー シーガー バトルエギリーダーII 30m 1.5号クレハ(KUREHA) リーダー シーガー バトルエギリーダーII 30m 1.5号

とくに日中のエギングでは、ハリスに光が反射してイカが警戒すると言われています。また、シャクリを入れる際、水を切る音もスレ新子にはNGとされています。

堤防で、足元に見えるイカを狙うのであれば、細ハリスでも強度は十分に対応可能です。使用するエギも小さく、新子のイカを狙うのであれば、1.5号以下のハリスを推奨します。ハリスが細ければ細いほど、エギのアクションにキレも生まれます。

例えば磯場などで、少し沖目に遠投し、沖の岩礁などについているイカを足元まで寄せてから狙いたいという場合などは、臨機応変に号数を上げましょう。

新子に効くエギアクション、表層ステイ

注意ポイントして、まず新子の群れが見えても、直接その中にエギを投入しないことです。群れの中にエギを投入すると、着水音を嫌って警戒します。群れの沖目にエギを投入して、徐々に群れの中へエギを近づけるのがよいでしょう。

エギの操作はジャーク&フォールが基本ですが、新子狙いならではの効果が期待できるアクションがあります。

それは、表層でのステイです。ラインを張った状態で表層でステイしておくと、新子が近づきます。そのままエギを抱くことがありますが、近づくだけで終わる場合は、ステイからフォールを行います。

ステイからフォールに切り替えた瞬間、エギに向かって突進してくることも珍しくありません。

必須アイテム偏光グラス

シマノ フィッシンググラス PC HG-078L マットブラックS 779915シマノ フィッシンググラス PC HG-078L マットブラックS 779915

偏光グラスは、エギにリアクションする新子イカを見るための必須アイテムです。

イカがどんなリアクションをとるかで、スレているかどうかの判断など、その日の組み立てができます。初心者の方や入門者の方でも、必ず偏光グラスをかけることをおすすめします。

釣具店に販売されている偏光グラスの価格は高額な製品も多いですが、安価な製品もたくさんあります。「偏光グラス」と表記されているものであれば、偏光グラスとしての機能は兼ね備えていますので、釣行の際にはぜひ準備してください。

↓つりトップ おすすめ偏光グラス関連記事↓

【必須アイテム】偏光グラスの機能と、着用のメリットとは?

まとめ

エギングの新子釣りは、初心者や家族連れにオススメ。できれば、大きく育ってから釣りたいものですが、エギング初心者にとってはエギングの入り口として絶好の入門シーズンです。
すぐ目の前で、アオリイカがエギに飛びつくのを見れるから、秋以降の型狙いでも、沖でのイメージも立てやすくなります。

また新子のイカは、食べる分を少しだけキープして、他はリリースしましょう。

↓つりトップ おすすめエギング関連記事↓

●2017秋、初心者におすすめのエギングリールベスト5

●2017秋、初心者におすすめのエギングロッドベスト10

●エギングを始めるなら揃えよう、おすすめのエギングバッグ・クーラー・ギャフ・タモ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。