【お魚料理】グレ〜脂たっぷり、磯釣りの主役

磯釣りの主役のグレ!
一般家庭ではあまり馴染みのないお魚なので、お土産に持って行くと怪訝な表情を浮かばれたり…。

しかし、翌日にはたいてい、喜びのメールが届いて「また、欲しい」とのリクエストがあったりしませんか?

ちなみに、回遊性の高いグレほど磯臭く、湾内で一年中マキエを食べてるグレほど、脂が乗って美味しいです(^^)

スポンサーリンク

【お魚料理】グレ〜脂たっぷり、磯釣りの主役

グレの炙り

グレの炙り

三枚に下ろしたグレの身の皮の部分を、ガスバーナーで焦がします。
焦げ目が付いたら氷水で冷やし、切り分けて盛り付ければできあがり!

ちなみに、45cmを越えると皮が厚過ぎて、炙りにはあまり向きません。
30cm級が丁度よいと思います。
バーナーで炙ってから、三枚に下ろして切り分ける人もいます。

グレの煮付け

%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%81%ae%e7%85%ae%e4%bb%98%e3%81%91

グレの料理法で、もっとも好きな人が多いかも?
醤油と砂糖で甘く味付けた煮汁と、グレの相性は抜群です!

特に美味しいのが、グレの皮の部分。
グレの皮は煮こむほどトロトロに柔らかくなり、味が染みて美味しいです。

酒の肴というよりも、炊きたての白飯とよく合います(^^)

グレの唐揚げ

%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%81%ae%e6%8f%9a%e3%81%92%e7%89%a9

今回は、片栗粉をまぶして揚げてみました。
片栗粉の利点は、ソースがよく絡むこと。
胡椒だけでも美味しいですが、グレが大漁で料理が多い時は、色々な味で楽しむのがグッド。

オススメのソースはマヨネーズ、チリソース、ポン酢。
レモン汁だけで、あっさり頂くのも美味しいです!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。