【お魚料理】アオリイカ〜肉厚、旨味の詰まった高級イカ

日本中に旋風を巻き起こしたエギング・ブームの主役のアオリイカ。

肉厚でボリューミーな身は、量だけでなく味も抜群です。

ちなみにアオリイカの地方名はミズイカ、モイカなどがあります。

スポンサーリンク

【お魚料理】アオリイカ〜肉厚、旨味の詰まった高級イカ

 アオリイカの沖漬け

アオリイカの沖漬け

釣り師ならではの特権、アオリイカの沖漬け。

アオリイカの沖漬けの決め手は、なんといってもタレの染み込み。

活きたアオリイカをそのままタレに漬けるから、身の隅々までタレの味が染み渡って美味しくなるのです。
※死んだアオリイカだとタレが身に染み込みません。

アオリイカの沖漬けの作り方。
まずは沖漬けのタレを準備します。

 沖漬けのタレのレシピ(我家の場合) 

  • 醤油
  • みりん
  • お酒

釣り人の中では、麺つゆを使う方も多いです。

タレを持参して釣り場へ行き、アオリイカが釣れたらすぐにタレに漬け込みます。
アオリイカのサイズは、小さいほど沖漬けに向いています。

墨を吐かせてしまってからタレに漬けると、きれいな仕上がりになります。
墨を吐かせるコツは、海水を汲んだバケツに入れておくのが一番です。

タレに漬ける時間は半日から一晩。
食べ方はお刺身や、そのまま焼いて食べるのもグッド!
なお、内蔵に寄生虫(アニサキス)がいることがあるので、生で食べる場合は内蔵は避けましょう。
どうしても内蔵を食べたければ、一旦冷凍するのがよいでしょう(アニサキスは冷凍すると死ぬ)。

アオリイカとピーマン炒め

アオリイカの炒め物

料理で使用しているアオリイカは、1㎏級の大きめ。
大きめのアオリイカだから、肉厚でプリプリです(^^)
アオリイカの身に、味が付きやすくするため、切れ目を数ケ所入れています。
料理は単純に、炒めて焼くだけ。

写真の料理の味付けは、塩コショウと醤油のみです。
お好みによって、バターや中華の素などを入れてみるのもよいでしょう。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。