一大ブームを巻き起こしたワインド、ブルーブルーが「ニンジャリ」で参戦!

タチウオ釣りで威力を発揮、関西から全国に波及したワインド釣法。

たくさんのルアーメーカーがワインド用リグ&ソフトルアーを開発し新商品を発売、その熱はまだまだ冷めそうにない。

そして2016年秋、個性派ルアーで人気上昇中のブルーブルーから、オンリーワンなワインド用ルアーが登場!

その名は…、「ニンジャリ」!

スポンサーリンク

一大ブームを巻き起こしたワインド、ブルーブルーが「ニンジャリ」で参戦!

「ニンジャリ」を目にして、真っ先にわかるのが上下に配置された大きなシングルフック。

o9kte9uy7g779aij4y4o_480_298-c6b9bdae

この構造のメリットは、どちらかのフックが掛かれば、反対側のフックも自動的に掛かること。
シングルフックなので掛かりが深く、トレブルフックで頻発していたバレの心配も減少できそう。
面倒なアシストフックの必要もないのも、うれしいポイント。

シングルフックにすることによって、アクション時の抵抗も軽減したのでは?
切れ味鋭いダートアクションも期待できそうです。

なお、上下にフックを配置したことによる大きなメリットがもう一つ。
それは、上下のフックの軸が支えとなるので、簡単にソフトルアーを真っ直ぐ刺せること。

i4i4byx3ti76gvbzvdyh_480_270-fcabef70

少しの時間でも惜しい時合いの間でも、正確に速くセットできるのが大きな武器となります!

ニンジャリワーム

ソフトルアーのサイズは、ジグヘッドに合わせて3種類。
ジグヘッドとソフトルアーのサイズが、互い違いに使えるかは、現時点では不明です。

カラーは現時点で10種類、遊び心のある忍者をもじったネーミングがとても楽しいです。

2s9soj84djzi6s8z86gs_480_126-a8980d82

さて、使用してみないとわからないものの、とてもユニークなワインド用ルアーで、一度試して見たいと思いました。

他のワインド用ルアーとは明らかに違う動きをしそうなので、ドハマリすれば、釣れまくりそうです(その逆もありそうですが…)。

「ニンジャリ」は、2016年9月下旬発売予定、タチウオシーズンに間に合いそうですね!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。