【秋のアオリイカ特集】エギングで攻略するための釣り方、タックルのまとめ

秋のアオリイカの特徴

アオリイカ

秋のアオリイカはまだ新子なので遊泳力がありません。
そのため、比較的波も潮通しも緩やかな堤防や岩礁帯の浅瀬へ、群れで移動します。
新子のサイズは100g前後、10月までは200gでも大きい方です。

秋のアオリイカの釣り方

 9〜10月 

新子で群れを形成、堤防であれば比較的瀬際まで回遊して来ます。
新子で小さいため、大きめのエギはNG
2.5号以下、新子の胴体よりも小さいサイズのエギを使用します。

釣り方は、「見釣り」が基本。
ラインでアタリを取るよりも、アオリイカがエギに乗る瞬間を見定めてアワセを入れます。

9〜10月の釣り方の流れ

  1. エギを遠投し着底、ジャーク&フォールを足元まで丁寧に行う。
    2、3回繰り返せば、見える範囲に新子が集まるはず。
    新子が集まらなければ、そこにはいないと判断して釣り場移動すること。
  2. 複数の新子を視認できれば、新子の近くでエギをアクションする。
    ジャーク&フォールが基本。
    時々、表層ジャークを織り交ぜたい。
    表層ジャークは、新子のやる気スイッチをオンにするし、周辺の新子を集める効果もある。他に表層ステイも効果あり。

同じ新子に何度もアプローチするとスレるので、時々エギのカラーや号数、種類も替えるようにしましょう。

 11月 

11月位になると、新子の数がグッと減ります。
とはいえ、200〜300g級の育ち盛りのアオリイカが、堤防のすぐそばで活発に泳ぎ回っています。
見えイカについては、あまり期待しないほうがよいでしょう。

この時期のアオリイカ狙いの場所選びは、ベイトをチェックすること。
10cm未満のイワシ系のベイトがいれば、アオリイカがいると考えてもよいでしょう。

釣り方は、ダート&フォールを基本とします。
割りと活発にエギを追うので、フォールに切り替えた瞬間にエギをホールドすることが多いです。
ボトムはもちろんですが、中層を意識したアクションがハマることがあるので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

秋のアオリイカ狙いで覚えておきたいテクニック

テンションフォール

ラインを張った状態でエギをフォールさせる。
フォールスピードを遅くできる、アタリが出やすいなどの特徴があります。

フリーフォール

ラインテンションのない状態で、エギをフォールさせる。
設定されたフォール姿勢に近いので、アオリイカの乗りがよい。

アオリイカがラインテンションに違和感を感じるとき、フリーフォールであればエギをしっかり抱いてくれる。

表層ダート

エギが着水してすぐ、ダートを始める釣り方。
新子狙いによく効く。

表層ステイ

表層近くでエギを停めた状態にする。
ジリジリとエギに近づくアオリイカが、フォールに切り替えた瞬間にバイトすることも。
新子狙いによく効く。

秋のアオリイカ狙い、おすすめのアイテム

エギング初級者から中級者、予算は抑えめだが、いいものには多少のお金をだしてもよいといったアングラー対象のランキング。つりトップ編集部の主観によるランキングです(^^)

秋のアオリイカ狙いにオススメのエギ・ランキング

第1位:ヤマシタ/エギ王Qライブサイトフィッシングカラー

高品質エギを安価で提供する、アングラーにやさしいヤマシタ。
秋のサイトフィッシングにオススメのシリーズ。
アオリイカは近づいても乗らないなんて心配も、接近戦に強いウォームジャケットが解消してくれます。

第2位:エバーグリーン/エギ番長XS

個性的なカラーリングで人気のエギ番長。
釣れる色を揃えているのが、人気の理由の一つ。
エキストラシャローで、浅場に浮くアオリイカを攻略。

第3位:エコギア/エギリー ダートマックス 魔女クロス

ダートエギのパイオニアのダートマックス。
シーズン序盤のアオリイカは、ダートアクションが効く!
ダートと魔女クロスの相乗効果で、アオリイカを攻略。

秋のアオリイカ狙いにオススメのロッド・ランキング

第1位:メジャークラフト/NSE-832E

NANOカーボンを使用した、軽量で強い高品質ロッド。
1万円台で購入できる、ビギナーから熟練者までオススメのロッド。
ランガンで、一日中エギングをされる方には83がオススメ。

第2位:ダイワ/エメラルダス(アウトガイドモデル) 83-ML

小型エギを扱いやすい柔らかさが特徴。
シーズン序盤、中型アオリイカの数釣りに最適。

第3位:メジャークラフト/クロステージCRX-832EL

2016年秋に発売された3代目クロステージ。
柔らかめで扱いやすく、エギング初心者にオススメ。
中級者のセカンドロッドにも…。

秋のアオリイカ狙いにオススメのリール・ランキング

第1位:ナスキー2016 C3000

2016年秋、リニューアルされて登場したナスキー。
HAGANEボディ、コアプロテクトなど、高価格リール並みのハイスペックを装備。
安いのに長く使えるリールとしてお買い得!

第2位:ダイワ/エメラルダス 2508PE

マグシールド、ATDなど、ダイワの誇る機能が搭載されているのに、1万円台で購入できる。
ボディのエメラルダスカラーが、アングラーの所有欲を満たしてくれます。

第3位:ダイワ/EM-MS 2508PE-H

マグシールド、ATD、ザイオンボディ搭載のハイバリューモデル。
2508PE-Hは、220gの軽量モデルなのもうれしい。

秋のアオリイカ狙いにオススメのライン・ランキング

第1位:デュエル/ハードコアX8  0.8号 150m

8本撚りなのに、とても安い価格設定。
強度があり、青物狙いとの併用も可能。

第2位:ラパラ/ラピノヴァX 0.8号 150m

ベテランアングラーの中でも、愛用者が意外に多いPEライン。
値段の割に高品質、しかも張りがあって絡み難いメリットもある。

第3位:ゴーセン/エギファイヤー  0.8号 150m

2016年秋リピーターの多い、高品質ライン。
1m毎に黒とオレンジが交互にカラーリングされているので、とても見やすい。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。