2016年、注目のエギングアイテムBEST5

先日、今季初のエギングへ行きましたが、天候が不安定で雨が降ったり…。
カミナリが光った瞬間、残念ながら納竿。
釣果は…、なし!
一年でもっとも簡単な秋イカ釣りだったのに(T_T)

そんな傷心な私ですが、お店に並ぶエギングアイテムを眺めながら心を癒やしています。
そこで今回は、2016年に登場した、注目のエギングアイテムをランキング形式で紹介します。
もちろん、

この前、エギングに行ってきたばかりのわたくしより新商品のご紹介を致します(^^)
エギングの釣果はカミナリが怖くて退散しました(笑)
命は一つ!釣りはいつでも行けるので皆さんも無理しないように!
今回は個人的に欲しい物も含め、色々とご紹介させて下さい(^^)

スポンサーリンク

2016年、注目のエギングアイテムBEST5

第1位:ダイワ/エメラルダス STOIST AGS 90ULL-S

エギング界のカリスマ「ヤマラッピ」完全監修ダイワ最高級エギングロッド。
ヤマラッピが求めたことは、
・軽量であること
・高感度であること
・張りを抑えながら、しなやかでトルクを持ったブランクであること

開発秘話をダイワHPより拝見させて貰いましたが、そこまで追い込むか!?(笑)と思いました。

完璧を求めるテスター、それを技術で乗り越えていくダイワの凄さが詰まっています。
あの超軽量AGSを、更なる開発でもっと軽くしたから驚きです。

エギングにおいて9ftという長さはロングキャスト以外、デメリットしか感じられませんでしたが、ここまで軽量化されると、シャクリの負担軽減、ラインの操作性、小型のイカのアタリも明確に分かるなどなど、メリットだらけですね!

第2位:オリムピック スーパーカラマレッティー GSCS-872ML

オリムピックのエギングロッドシリーズのフラッグシップモデルであるスーパーカラマレッティーが、ついにフルモデルチェンジしました!

ブランクスには最強強度を誇る新素材、東レの「T1100G」(東レの炭素繊維の中で最上級品、航空、宇宙などあらゆる分野で使われてる凄い物!)をメインに「クワトログラファイトクロスXX」、「スーパークワトログラファイトクロス」でブランク全体をアシスト。
軽量なのに強靭で復元力の高い高性能ブランクス。
さらにPEラインのベタ付きを抑えるマットフィニッシュ塗装で快適なエギングをサポートします!

第3位:シマノ/16ストラディックCI4+2500HGS

ストラディックがCI4+を搭載してリニューアル!

さらに、ステラと同じ「G FREE BODY」を採用しウォームシャフトをドライブギア上部に配置、操作性が向上しました。

さらにさらに丈夫なハガネギア、コアプロテクトなど最上位機種に劣らない作りになっています。

もう一つ嬉しいのが「ベールの開き角度の拡大」。
これでキャスト時のベールの返りが無くなり、ラインブレイクを防げます!

第4位:デュエル/スーパーエックスワイヤー8  0.8号150m

main1_sx8

10月以降から発売ですが、実物を触らせて貰いました。
前回のモデルと違い、コシの強さを実感。

触った感じは真円に近い触り心地でしたね。
真円に近く感じた理由は、新技術「H.I.製法(ヒートインテグレーション製法)」で原糸同士の密着度を高めたそうです。
それによって今までのPEラインでは実現できなかった、ハリやコシ、耐摩耗性が向上したとのこと。

第5位:ゴーセン/エギ人スペシャル 0.8号150m

エギングの重鎮と言えば重見さん!
重見さんがオススメするなら使ってみたくなるPEがゴーセンより新発売です。

ゴーセン独自のSG加工により高強度、高操作性、高感度と三拍子揃ったオススメのPEラインです。
価格もさほど高くなく、強度があるのは財布に優しいですね!
こちらも適度な張りがあるのでキャストのトラブルが激減するはずです。

最大限まで伸度を無くしているので、秋の小型のイカのアタリも明確にキャッチするでしょう。

オマケ:カシオ/G-SHOCK GAX-100MA-2AJFシリーズ

釣り人に必要不可欠な潮の満ち引きであるタイドグラフ機能搭載!
釣り場によっては上げ潮が良いか下げが良いかがありますよね?
そんな時わざわざスマホで調べるよりも、いつも身につけてる時計を見るだけでOK!

ムーンデータ(月齢、月の形表示) 、温度計測機能、 LEDライトなどなど男心をわし摑みのアイテムですね!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。