サーモンバット?私の地元では木槌を使います

最近、ネット上でバズっている釣りに関するニュースがコレ。

北海道の釣具店でバットが発売されているという真相を、BuzzFeedさんがレポートしてくれています。

いつも真相レポートをありがとうございます(^^)

さて、その内容はというと、オフショアのジギングをされている方であれば想像通り、バットはサケの脳天を叩いて大人しくさせるもの。

私自身は、オフショアのブリ狙いをやるのですが(私の釣行エリアにはヒラマサがいない_| ̄|○)、釣ったブリは当然のように、脳天を一発行きます。

脳天を叩くのは記事内容通りに、大人しくするため。

アジやイサキなどの中型魚であれば、暴れていても〆ることができますが、ブリやサケなどの大型魚は一発急所を叩いて大人しくしてから出ないと、危なくて〆ることができません。
※私のいう〆るというのは、エラを切って地を抜くことです。

ちなみに、私の乗る船ではバットでなく木槌を使っています。

釣り人にとっては当たり前のことでも、こうして世に出ることで、改めて釣りが特殊な世界であることを理解できますね。

次に釣り業界でバズるのは、何でしょうかね?

釣具店でパン粉や押し麦を売っていること?
それとも、海水浴アイテムを売っていることですかね?
他に考えられるのは…、夜中なのに釣具店は人だらけとかかな?

まだまだ、釣具店には、一般の方が驚くようなアイテムがあると思います!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。